読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOEIC200点の女が海外ひとり旅した結果

とりあえず何とかなる。やってみる。

フィリピン語学学校の選び方

フィリピン語学学校の選び方


こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。



前回、ワーキングホリデーの留学エージェント比較について書きました。
今回はフィリピンの語学学校の選び方をご紹介します。

もちろん、エージェントに紹介してもらうのも手です。しかし、いきなりどこの学校がオススメですか?と聞くのはやめたほうがいいでしょう。
なぜなら、エージェントは自分に紹介料が入る学校ばかり勧めてきて、本当に自分の希望に合う学校ではないことが多いです。せっかくの語学留学、学校選びで失敗しないためにも、まずは自分の希望を明確にしてみましょう。






フィリピンの語学学校の特徴

まず、なんでフィリピン?と思っている方もいると思います。
フィリピンの語学学校は、なんといっても価格が安い!
他の国と比較すると、桁違いで安いです。

しかもマンツーマンで教えてくれるので、発言出来ない日本人にわぴったりなんです。

さらに
●1日3食付き
●学校内に寮がある
●友達ができる
●観光ができる

といったメリットもあります!

私も実際にフィリピンの語学学校に通いましたが、1週間ほどで自分の英語力が伸びたと実感できました。





どうやって語学学校を選べばいいの?

本題です。フィリピンの語学学校ですが、近年かなりの学校が増えてきています。その中から、自分の希望に合う学校の選び方を、ご紹介します。




- 島で選ぶ

フィリピンというのは、首都のマニラ、リゾート地で有名なセブ島など、色々な島によって成り立っています。まずは行きたい島で選びましょう。

●マニラ
フィリピンの首都。大都市

●セブ
1番人気の都市です。セブ市内かリゾート地か。

●イロイロ

●バギオ



- 日常生活も英語を話したい?

授業以外の休み時間や、食事中なども英語を話しましょう。学校の中では日本語禁止!という語学学校があります。
こういった学校をスパルタ校と呼んでいます。エージェントからは、よくスパルタ校を勧められます。
エージェントから日常生活も英語を話したい?と聞かれると、つい話したい!!!と思います。が、実際のところ朝8時~夕方5時まで授業で、英語に疲れてストレスになってしまいます。
逆に中級、上級の方は、もっと話したい!と物足りなくなってくるので、スパルタのほうが合っているかもしれません。
自分の性格がどちらに合うか、考えて選択しましょう。




- 食事で選ぶ

ほとんどの学校は1日3食が付いています。しかし、学校によって美味しいか不味いか、差があります。この差は、日本人の口に合うように作っているかです。
実は、フィリピンの学校には2種類あります。日本資本か、韓国資本かです。日本人が経営していれば、日本人が多いため、日本人好みの味にしています。韓国資本の学校は、韓国人が多いため韓国料理が出たりして日本人の口に合わないこともあります。しかし、韓国資本の学校にもメリットがあります。それは、価格が安いんです!
辛いものが苦手な方は、日本人経営がオススメです。


- 何人部屋が良いか?

学校にもよりますが、1人部屋、3人部屋、4人部屋などが選択できます。部屋の人数によって、価格が異なります。それぞれメリット、デメリットがあります。

1人部屋
●メリット

  • ホテルやコンドミニアムに宿泊できるため、部屋が綺麗
  • 静かに勉強できる
  • プライバシーが守れる
  • 門限がなく、自分の時間を自由に使える

●デメリット

  • 学校まで徒歩かバスで移動する
  • 空き時間に部屋に戻れない
  • wi-fiがないことや弱いことがある

3~4人部屋
●メリット

  • 友達が作りやすい
  • 学校に併設されているため、すぐに授業へ行ける
  • 生活用品を共同で使えたり、費用を抑えられる

●デメリット

  • シャワーやトイレ等、順番待ちをしなければいけない
  • 盗難の恐れがある
  • 門限や消灯時間がある

自分にはどちらが合っていそうか、考えてみてくださいね。



最後に、私は以下の口コミも参考にしました。
●school with
●フィリピン英語語学留学
●セブナビドットコム
●CEBU21




いかがでしたか?
フィリピンの語学学校はたくさんあります。その中で自分の希望に合う学校を見つけてくださいね。

学校が決まったら、出発の準備ですね。こちらも参考にどうぞ。