TOEIC200点の女が海外ひとり旅した結果

机に向かって勉強はできない。とりあえず海外へ行ってみる。

カリフォルニアガールとの出会い

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

ブログを書いていて良かった、と思えることが多々あります。ツイッターからメッセージをくれる方がいて、とても励ましになります。
そしてなんと! ブログを見てくれたアメリカ人が、メッセージをくれました。



彼女はカリフォルニアに住んでいる29歳で、オーストラリアかニュージーランドのワーキングホリデーを考えていました。アメリカでもワーキングホリデー制度があるそうですが、選べる国は少ないそうです。

カリフォルニアガールは、アメリカで生まれ育ったのですが、両親が日本人のため、日本語の読み書きも話すこともできました。
なんとなく親近感がわいて、ほぼ毎日メールでやりとりしました。

そして、シドニーでカリフォルニアガールと初めて会い、ご飯に行きました。
場所は彼女の上司がおすすめしてくれたイタリアンカフェ。ここがとても素敵なカフェでした。

シドニーの店員さんはイメージと違い、あまりフレンドリーではなかったです。
しかし、ここのカフェの店員さんはフレンドリーで、理想通りでした。とても親切で、笑顔がかわいい、ぽっちゃりのおばちゃんでした。

メニューはどれも美味しそうでしたが、トマト系は若干辛いとのことでした。
私はクリームペンネをオーダーしました。
f:id:hitomi-fujinaka:20171108063109j:plain
これが本当に美味しくて、幸せでした。
が、オーストラリアのご飯は量が多すぎて、食べきれませんでした。

すると、カリフォルニアガールがテイクアウトできると教えてくれました。
オーストラリアのほとんどのお店は、テイクアウト用のタッパを置いているそうです。ただ、お店によってはタッパの値段がかかることもあるそうです。

また、オーストラリアはイギリス英語のため、テイクアウトはテイクアウェイ、タッパのことはコンテナと言うそうです。

詰めてくれた後、おばちゃんがデザートは入るでしょ~?と言ってメニューを見せてくれました。確かにデザートは別腹で入ってしまいました。

こちらが2人でオーダーした、ティラミスです。
f:id:hitomi-fujinaka:20171108075229j:plain
砂糖たっぷりですが、思っていたよりもくどくなくて、美味しくて食べきれました。

カリフォルニアガールは、私に色々なことを教えてくれました。
とても親切で、英語の履歴書(レジュメ)の添削もしてくれました。
彼女は私の1ヶ月前に到着していて、パン屋さんで働いていました。パン屋さんはオーストラリアの企業(ローカルジョブ)のため、時給はなんと21$だそうです! 日本円だとおよそ時給2100円!!! 羨ましいかぎりです。
さらにパン屋さんのパンと、フルーツもいただきました。

シドニーに来て、店員さんが無愛想だったり、思っていたよりもみんなフレンドリーではなくて、悩んでいました。

しかし、カリフォルニアガールに出会えて本当に嬉しかったです。
彼女との素敵な出会いによって、ワーキングホリデーに来て良かったと心から思えました。彼女とは一生、付き合っていきたいと思っています。