TOEIC200点の女が海外ひとり旅した結果

習うより慣れろ‼︎TOEIC200点だけど、とりあえず海外で生活してみます。

海外のマッサージ店で何の疑いもなく働いた話

面白いブログを読んだので、ちょっと私もこんな内容のことを書きたくなりました。


面白かったのが「私の時代は終わった」というブログを書いている加藤はいねさんの記事です。
人の宮殿を笑うなっ! - 私の時代は終わった。

内容がめっちゃ面白い!

この加藤はいねさんの記事では、33歳の処女が「宮殿」という性感マッサージを体験してしまう内容でした。



もう、1人で笑いました。
絶対に、電車の中や公共の場所では読めません!





この記事を読んで、ワーホリで私にも恥ずかしい経験があったので、ちょっと書こうかな?と思います。








私、ワーキングホリデーでカナダに住んでいました。
実はその時に、カナダの性感マッサージ店で気付かず、何の疑いもなく2ヶ月ほど働いていました。笑



あ、ちなみに残念ながら(?)マッサージ師ではなく、受付として働いていました。



受付で男性ばかり来るのに、何故か私は何も気付かず働いていました。


まず、お店の雰囲気は結構普通のマッサージ店です。
私は、別にマッサージを習いたいわけでもなく、ただ英語環境でレセプショニスト(受付)として働きたかっただけです。




面接は、可愛らしい香港人の女の子がしてくれました。
とってもにこやかで可愛くて、カナダで結婚して子供がいると写真も見せてくれました。
この香港人と話して、全く何の疑いもなく、マッサージのお店だと信じ込みました。


オーナーは中国人の20代後半の女の子でした。




ある程度の英語が話せたので、受付として雇ってくれました。


受付は電話対応、マッサージのコース説明、料金説明と基本料金の受け取りです。

マッサージは
20分 40ドル
30分 50ドル
60分 80ドル
みたいな金額設定でした。



実は私、普通のマッサージにも行かない人なので、料金が高いのか安いのか、全くわかりません。

それから働いていた子たちも、日本人が多くてみんな普通にマッサージしてると言っていました。


中国人オーナーからも、指圧マッサージだと聞かされていました。




2週間くらいは、本当に全く何の疑いもありませんでした。

お客さんは男性ばっかりでしたが、何故か私は疑いませんでした。
元々、マッサージ店に行ったことがないので、男性のほうが来るのだと思っていました。


それから、従業員が女性しかいないことも何故か疑問に思わず、みんな可愛くていい子だなーと呑気におしゃべりしていました。



面接してくれた香港人いわく、たまに女性のお客様も来ると言っていました。

表向きは普通のマッサージ店だったので、女性のお客様も気付かず入店するようでした。






ある日、中東系の30代男性が店にやってきました。
受付なので料金説明すると、「君やってくれる?」と聞かれ、私は受付だから出来ないと断りました。

すると、その人は帰って行ってしまいました。


2〜3度、同じ男性が来て、毎回指名されますが、全て断りました。
私はマッサージを学ぶ気も、例え女性でも施術する気がありませんでした。



その男性が何度も来て、私が断って、それなら帰る
というのを繰り返していたため、中国人オーナーからマッサージをやれ!習え!と強く言われるようになりました。


マッサージを習えば、1回3万くらい稼げる!習え!と日を増すごとに強く勧誘されるようになりました。






なぜ私は、1回3万稼げるマッサージでおかしいと思わなかったのでしょうね、、笑




私は受付として働きたい!と断り続けると、中国人オーナーからは、もう来なくて良いと連絡が来ました。



しかし、働いた給料はまだもらっていませんでした。
中国人なので信用できず、こちらもわかった、マッサージやる、と了解し、給料をもらいに行きました。





その日、出勤して受付にいると、
1人の女の子がマッサージに入り、部屋から出てきて「ゴム持ってる?」と聞いてきました。

髪ゴムを差し出すと、あ、そっちじゃない笑と言われ、部屋へ入って行きました。






だいぶ遅いですが、そこでようやく意味がわかり、即辞めました。




最後に給料はもらいましたが、金額はかなり低くて、やっぱり中国人は信用できないと思いました。





どうして自分が気付かず、約2ヶ月も働いてしまったのか情けないです。


受付の電話では「今日◯◯ちゃんいる?」という問い合わせが多くありました。
これは普通のことだと思いますが、「細い?」とか「かわいい?」という問い合わせも多くありました。

本当に、マッサージに行ったことがないにせよ、なんで気付かなかったんでしょうね?笑





そして、
よく私にマッサージを頼みに来てたあの中東系の男性!

そーゆうことか!!!!!
とやっと気づきました笑

ほんと遅い笑





でも本当に知らなかったので、マッサージ講習受けなくて良かったーーー!と思います!




ちなみに、聞いた話では、マッサージ講習は普通に普通のマッサージを教えてくれるそうです笑笑




でも、実際にお客さんの施術をすると全然違うというね。












ここで働いていて、1番やばかったのが、政府の見回りが来たことでした。



カナダのマッサージ店では、免許がないと働くことができません。




中国人オーナーに、2名以上で一緒にお客が来たら連絡して!と言われ、その日男性3名が一度に来客しました。



日本人の働いていた子は、もちろん無免許で働いていたので、見つかれば捕まることもあります。

結局、政府の人が来た時は日本人は裏口から逃げました。





ワーキングホリデーで働いている皆さん、中国人オーナーには本当に注意してくださいね!

私だけでなく、他のレストランやショップでも中国人の被害に合っています。

給料がもらえないところは、すぐに辞めて次を探しましょう!




そして、違法マッサージ店は本当に危ないです!
政府が来た時には、びびりました。




カナダのマッサージ店は免許が必要だということを知っておきましょう!



性感マッサージ店の話なのにエロ要素もオチもなくてすみません。笑

でも私、性感マッサージ店で働いていたのに、本当にただの受付だったので面白いネタはなかったです。すみません。