TOEIC200点の女が海外ひとり旅した結果

机に向かって勉強ができないタイプ。とりあえず海外で生活してみます。

オーストラリアの仕事④ファームジョブ

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

オーストラリアのファーム(農場)の仕事について、ご紹介します。
ワーキングホリデービザを取得している人は、ファームで3カ月働くと、ビザを1年間延長することができます。その為、オーストラリアが好きな人やもっと長く滞在したい人は、ファームで働く人が多いです。
私の場合はビザ延長のためではなく、都市移動の際に仕事と家の両方を探していて、たまたま求人を見つけたため働きました。


使用したサイト

Go豪メルボルン
ファーム情報は、サイトだけでなくバックパッカーなどで情報を得られることもあるそうです。
一概には言えませんが、日本の求人サイトに載っている場所は、韓国人経営のところが多いです。バックパッカーで得た場所は、ヨーロッパ系が多いです。

応募方法

メールで応募しました。
働く1日前には、シェアハウスに来てほしいとのことでした。

面接で聞かれたこと

面接は全くありませんでした。応募すれば誰でも働けるようです。

必要な英語力

★☆☆☆☆
英語は全く使いませんでした。
韓国人が経営者で、韓国語で全てを説明されました。笑
その後、既に働いていた日本人が日本語で簡単に説明してくれました。とりあえず見よう見まねで仕事をしました。

英語力の伸び

★☆☆☆☆
英語は全く使わなかったため、伸びるはずもありませんでした。その代わり、韓国語の単語が少し理解できるようになりました。

時給

出来高
1トレー × 10$~15$
(日によって変動)

待遇

シェアハウスのお米が無料
ファームまでの送迎あり ※ただし1日7$

労働時間

6:00~17:00

労働人数

20~50人
韓国人60% 日本人20% 中国人10% 台湾人10%
(韓国人が経営していたため、韓国人が多かったです)
f:id:hitomi-fujinaka:20180903125443j:plain

仕事内容(1日の流れ)

4:00 出発 (車でファームへ移動)
6:00 仕事開始 & いちごピッキング
13:00 ランチ休憩
13:30 仕事再開 ピッキング
17:00 仕事終わり(車で帰宅)
19:00 帰宅



良かったこと

○日本では経験できない体験ができたこと
○韓国語を少し覚えることができた
○シェアハウスの環境がとても良く、シェアメイトとの生活が毎日楽しかった
○米が無料だったため、食費を抑えることができた

悪かったこと

○韓国人経営のため、韓国語で説明された
○日本人や中国人を悪く言う韓国人がリーダーだったため、日本人からすると環境は良くなかった。つまり、上記で記述した覚えた韓国語というのは悪い言葉(バッドワード)です。笑
出来高制、さらにシーズンオフだったため給与はかなり少なかった
○給与計算が全く正確ではなかった
○そのファームでは肥料に馬などの糞を使用していたため、臭いがひどかった
○しばらくイチゴを食べる気がしなかった(慣れた人や大丈夫な人は、イチゴをもって帰ってジャムを作っていた)
○シェアハウスからファームまでの交通費(ガソリン代)も差し引かれるため、人によってはマイナスの人もいた
○韓国人が気に入らないとトレーの中身を捨てられることもあり、なかなか稼げない
○朝4時に出発し、移動に片道2時間(往復4時間)など、時間のムダが多かった
○労働時間、給与と労力など、考えると状況は最悪だった

まとめ

ファームは場所や経営者によって、かなり差があります。口コミなど情報が少ないため、ファームの仕事は、友人の紹介で入るのがベストです!
しかし、シティに住んでいるとなかなかファーム情報はゲットできません。もし劣悪環境のファームに行ってしまったら、すぐに変えるのがオススメです。ちなみに私は、セカンドビザ目的でもなかったですし、最悪の環境だと感じたため3日で辞めました。笑
その他、私が聞いたファーム情報をまとめました。こちらもどうぞ。

セカンドビザを取得したい人は多いと思いますが、ワーホリは1年しかないので、時間を無駄にせず、楽しくできる仕事を選んでくださいね。