TOEIC200点の女が海外ひとり旅した結果

机に向かって勉強はできない。とりあえず海外へ行ってみる。

オーストラリアの語学学校②授業

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

前回は、ホームステイと寮について書きました。その記事はこちら。

今回は、オーストラリアの語学学校の授業について書きたいと思います。



授業時間

まず、授業の時間についてです。学校によって異なりますが、だいたい他の学校の友達も同じでした。

  • 月曜~金曜の週5日

1コマ目 8:30~9:30
2コマ目 9:40~11:10
3コマ目 11:20~12:50
お昼
4コマ目 13:30~14:30

休憩は10分でしたが、7-elevenでコーヒーを買ったりお菓子を食べたりしていました。

私は午後の授業もとっていたため、この時間割りでした。半分以上の人は午前までの授業で、3コマで終わりでした。

セブ島留学の頃と違い、オーストラリアではワーキングホリデーで来ている人が多いため、午後はアルバイトをしている人が多いです。
私も夕方はシェアハウス探し、仕事探しなどしていました。

人数

マンツーマン授業はなく、全てグループ授業でした。
1クラスは15~20人が平均です。しかし、驚くことに欠席者がかなり多くて10人くらいが普通でした。

人数が多いと様々なゲームができたり、色んな国の意見を聞けたりして、とても楽しいです。しかし、授業が中断されることもかなり多くて、自分の英語力は伸びた気がしませんでした。

午後の受講者は少なくなるため、5人での授業でした。とても授業が受けやすく、午後の授業では話しやすかったです。(午前中の授業で耳が慣れてきたこともありますが。)


国籍

かなり多国籍で、セブ島留学のときとは違いました。

国籍の多かった順

  • ブラジル
  • タイ
  • 日本
  • 韓国
  • スペイン
  • イタリア
  • フランス
  • 台湾
  • ベネズエラ
  • 香港
  • 中国
  • チリ

とにかくブラジル人が多く、クラスの半分くらいいました。ただし、英語クラスのレベルにもよります。
意外にもヨーロッパの人たちもいました。かなり色々な国の友達ができて、楽しかったです。


クラスレベル

学校によってここは差がありますが、私が通った学校は6段階でした。

  • ビギナー / 入門
  • エレメンタリー / 初級
  • プレ インターミディエイト / 準中級
  • インターミディエイト / 中級
  • アッパーミディエイト / 中級上
  • アッパー / 上級

ほとんどの日本人は、ビギナーからのスタートでした。しかし、セブ島留学経験者はビギナーにはいませんでした。
人にもよりますが、1ヶ月の留学経験者はエレメンタリーかプレインターミディエイト、3ヶ月の経験者はプレインターミディエイトかインターミディエイトにはいました。
セブ島留学の短期間でも英語力は伸びていたんだな、と実感できて嬉しかったです。



オーストラリアの語学学校は時間も短く、英語力が伸びがセブ島留学と比較すると低いと感じました。
ただ、色々な国の友達ができたことは私の財産で、セブ島ではできなかったことです。
ワーホリをはじめて1ヶ月で、とてもいい経験ができたと思いました。