読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOEIC200点の女が海外ひとり旅した結果

とりあえず何とかなる。やってみる。

セブ島留学の持ち物リスト

セブ島留学の持ち物リスト

こんにちは。
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。


前回、ワーホリの荷物についてリストアップしました。ワーホリの持ち物リストはこちらからどうぞ。
その後に、セブ島のエージェントさんが必要な持ち物リストを送ってくれたので記載します。
セブ島とオーストラリアでは、必要な荷物が少し違うので参考にしてください。

必要な持ち物

●パスポート
帰国予定から6ヶ月以上の残存が必要

●航空券(往復)
出国の航空券も必要なため、往復または他の国への航空券

●パスポートコピー
写真のページを2枚コピーし、財布とトランクで保管するとよい

●現金

海外旅行保険
フィリピンへ行く際は海外保険への加入が必須

●証明写真
5cm x 5cm を2枚

●トイレットペーパー
語学学校やショッピングモールには備え付けがないので、1ロール持っていくのがお勧め
(現地でも購入可能)

スマートフォン
家族との連絡など

●電子辞書
スマホでも代用可能

持っていくと便利な持ち物

●国際キャッシュカード
1枚あると現地のATMで引き出しが可能

●ノートパソコン
220V対応の充電器かを確認

●筆記用具
(現地でも購入可能)

●英語教材
文法などは日本語の教材が分かりやすいため

●クリアファイル
コピーした教材が多いため

デジタルカメラ
220V対応の充電器か確認

メモリーカード
写真のデータのやり取りができる

●ポケットWi-Fi
インターネット回線が悪いため


日常生活で便利な持ち物

●日本食材
レトルト味噌汁、梅干し、ふりかけ等

●衣類
Tシャツ、サンダル等は現地購入でも可能

●タオル
バスタオルは現地購入がお勧め

●水着
学校のプール、終末トリップなどで利用する機会が多い

●ドライヤー
寮に備え付けがないため、海外対応を持っていくか現地購入も可能

コンタクトレンズ
現地だと品数が悪く値段も高い

●コップ
学校に給水機が備え付けてあるため
(現地購入も可能)

●日焼け止め
日差しが強いため必要
肌がデリケートな方は日本製を持っていくのがよい

●虫除けスプレー
虫が多いため必要

●常備薬
風邪薬、頭痛薬、胃腸薬、目薬は持っていくのがよい

●マスク
セブは排気ガスがひどいため

●生理用品
現地購入も可能

●シャンプー リンス
現地でもラックス、パンテーンなど購入可能

●変圧器
あると便利



以上がセブ島の持ち物です。
現地で生活してみて、また更新します。