TOEIC200点の女が海外ひとり旅した結果

習うより慣れろ‼︎TOEIC200点だけど、とりあえず海外で生活してみます。

ワーホリであれば良かった服まとめ(オーストラリア編)

ワーキングホリデーに持っていった服まとめ(オーストラリア編)

こんにちは
藤中 眸 (@ふじなか ひとみ)です。
留学前に日本で受講したTOEICは、お恥ずかしくも200点代でした。しかし、現在はオーストラリアで、ワーキングホリデー制度にて海外生活をしています。英語力が皆無のため、ツライことはたくさんありますが、面白い体験や新しい経験、海外の友達も増え、海外生活を楽しんでいます。



以前、オーストラリアのワーキングホリデーに持っていった服をご紹介しました。Lサイズのキャリーバッグ1つで持っていった服の量です。

今回は、持ってくれば良かった服と、必要なかった服を備忘録として書いていきたいと思います。

アウター

  • ジャケット ×2
  • 薄手のジャケット ×1
  • ポンチョ

現地購入でも良いですが、ポンチョは飛行機の中で膝掛けにも使えますし、万能なので持ってくれば良かったと後悔しました。

トップス

  • 半袖T-シャツ ×8
  • 長袖T-シャツ ×5
  • シャツ ×1
  • カーディガン・パーカー(羽織り) ×3
  • ニット ×2

パンツ

  • Gパン ×3
  • ショートパンツ ×3
  • スキニー ×2

オーストラリアに来ると、何故か、ほとんどの人が太ります!私も10kg太り、Gパンを履いたものの半ケツ状態だったという醜態をさらしたことがあります。笑
Gパンを少なくして、現地で様子を見て購入するほうが良いと思いました。

ワンピース

  • ワンピース ×2
  • ドレス ×1

一度も着なかったですし、キレイめなワンピースがあれば間に合いました。オーストラリアなら、現地でかわいいワンピースも購入できます。

  • オールインワン ×1

インナー



シューズ

  • サンダル ×1
  • パンプス ×2
  • スニーカー ×1
  • ビーチサンダル ×1

黒のパンプスや、スニーカーがあると、仕事で使えます。現地で安いのを購入することも可能ですが、すぐに仕事が出来るので、持っていればあると良いです。
男性は、黒のスニーカーがあると良いです。

その他

  • 水着
  • 寝巻き用T-シャツ ×3
  • 寝巻き用ズボン ×3
  • スーツ(上下) ×1
  • ニット帽

もしあれば、ニット帽ストールなど持っていると良かったです。
暖かいケアンズでも、朝晩は冷えます。日中は使わないため、カバンに入れておけるサイズの防寒があると良かったです。

まとめ

ワーキングホリデーは、いつ何があるかわかりません。
例えば、ずっと暖かいケアンズで暮らすと決めていた人でも、いい出会いがあれば都市移動することだってあります。
私も冬のタスマニアや、メルボルンに行くとは思っておらず、冬服は持ってきていませんでした。メルボルンでも冬はダウンジャケットやコート、MA-1 を着ていました。こちらは荷物になるので、現地購入で良いと思います。
また、外人の体感温度と日本人の体感温度は違うようです。語学学校はクーラーが効きすぎていて、日本人は凍えていました。しかし、ブラジル人はノースリーブでも寒くないと平気な顔で言っていました。私たち日本人は、上着やトレーナーなど、途中で着る物があると良いです。

日本で流行りが終わった服や、もう着ない服を持って行って、最後に捨てるのも良いと思います。私は都市移動の度に、Gumtreeで販売して荷物を減らし、お小遣い稼ぎをしています。方法はこちら。



オーストラリアといえば海!②クロヌラビーチ!

こんにちは
藤中 眸 (@Fujinaka Hitomi)です。
留学前に日本で受講したTOEICは、お恥ずかしくも200点代でした。しかし、現在はオーストラリアでワーキングホリデー制度で生活をしています。英語力は皆無のため、現地での生活はツライこともたくさんあります。
そんな中でも、面白い体験や新しい経験も増え、海外生活を楽しんでいます。



オーストラリアといえば、やっぱりキレイな海のイメージがありますよね?
前回は、シドニーの中心からバスで行ける有名な海、Bondai Beach(ボンダイビーチ)をご紹介しました。記事はこちらからどうぞ。

ボンダイビーチは人気があり、シティからも近場のため人が多いです。今回は、人も少なくて穴場なCronulla Beach(クロヌラビーチ)をご紹介します。



クロヌラビーチは、シドニーのセントラル駅から電車で約1時間の場所にあります。
時間は少しかかりますが、乗り換えもなく、降りる駅もCronulla(クロヌラ)駅なので、シティからも行きやすいビーチです。
f:id:hitomi-fujinaka:20171221094726j:plain
opalカードを持っていれば、日曜日は1日2.7ドルで電車に乗車することができます。
セントラル駅からクロヌラ駅までは、(時間帯にもよりますが)往復で10ドル以上かかるため、opalカードを使って日曜日に行くのがオススメです。

駅に到着して見渡しても、周りにはスーパーやコンビニはなさそうです。ドリンクやお菓子などは、シティで買ってから電車に乗ると良さそうです。電車も1時間乗りますから、何か食べ物と飲み物はあると良かったです。
f:id:hitomi-fujinaka:20171221094932j:plain
駅から少し歩くと、ちょっとした高級住宅街のような、別荘のような、高級車がいっぱい置いてある、そんな場所に入ります。そこを抜けると、すぐに海が見えてきます。
駅からビーチまでは、徒歩5分もかからないくらい近いです。
https://www.instagram.com/p/BqE-6JLHVSc/

クロヌラビーチは、シティのビーチとは雰囲気が違いました。ボンダイビーチは常に人がかなり多いのですが、このクロヌラビーチは人が少なく、静かでキレイな穴場のビーチです。

ただ、風がかなり強くて寒いです。寒いのはボンダイビーチと変わりませんが、風はクロヌラビーチのほうが比べ物にならないほど強かったです。

しばらく、ビーチをブラブラと歩きました。天気は雲もなく良かったのですが、とにかく強風でした。
f:id:hitomi-fujinaka:20171221095645j:plain

風も強く、駅から15分ほど遠ざかったので、バスに乗って戻ろうと思いました。しかし、まさかの日曜はNo service...ということで、仕方なく歩いて戻りました。
ちなみに、バス停は簡易的すぎて見落とすレベルです。運転手さんは、この看板を見落とさないのでしょうか?
f:id:hitomi-fujinaka:20171221100054j:plain
歩いて駅近くのビーチまで戻りました。

クロヌラビーチには、レストランやカフェが何店舗かあります。
私たちはHOG'S BREATH CAFE(ホッグス ブレス カフェ)という、ローカルなカフェでランチにしました。
f:id:hitomi-fujinaka:20171221100511j:plain
時間帯にも寄ると思いますが、店内の音楽は生歌演奏でした。しかし、なんとなく店内の雰囲気と、音楽の雰囲気が違う気がしました。笑
カバー曲なのに個性が強すぎるというか、ちょっと私には上手いのか疑問といった演奏でした。笑
ぜひ聞きに行った方は、感想教えてください。私の感覚が、違うだけでしたらすみません。笑

料理は美味しかったです。
私は、ステーキのサンドイッチをオーダーしました。ステーキが柔らかくて、美味しかったです。
f:id:hitomi-fujinaka:20171221101201j:plain
ランチの値段は、ほとんどが10$前後です。

こちらは、友人が頼んだバーガーです。
f:id:hitomi-fujinaka:20171221104217j:plain
料理がサーブされて二度見しました!バーガーに、ナイフが刺さった状態で運ばれて来ました。日本ではあり得ないと思える状況に、思わず写真をとらせてもらいました。アメリカやオーストラリアでは、この状況は何の違和感もないそうです。
バーガーも少しいただきましたが、こちらも美味しかったです。

食後は、再度ビーチへ戻りました。
散歩しながらビーチを眺めていると、カイトサーフィンをやっている人達を見つけました。
f:id:hitomi-fujinaka:20171221104441j:plain
サーフィンしている人を見つけると、オーストラリアに来た!というかんじがします。
クロヌラは風が強いので、普通のサーフィンよりもカイトサーフィンをやっている人が多いです。
見ているだけでも楽しいです。そして、みんなかっこいいです!!!
クロヌラビーチでのイケメン探しは楽しいですよ。サーフィンをしている人たち全員が、イケメンに見えます。笑

シティのビーチも楽しくていいですが、都会に疲れたらクロヌラビーチで静かにゆっくりするのもいいですよ。
私はクロヌラビーチで、とてもゆっくりした休日を過ごせました。


オーストラリアといえば海!①ボンダイビーチ

こんにちは
藤中 眸 (@Fujinaka Hitomi)です。
ワーホリ前に日本で受講したTOEICは200点代だったのですが、オーストラリアで海外生活をしています。英語力が皆無のため、ツライことはたくさんありますが、面白い体験や新しい経験も増え、海外生活を楽しんでいます。



オーストラリアといえば、やっぱり海のイメージがありますよね。都会のシドニーにも、シティから行けるビーチがたくさんあります。
今回は、私が行ったシドニーのビーチをご紹介します。

BONDAI BEACH(ボンダイビーチ)

オーストラリアの中でも、とても有名なビーチです。ゴールドコーストサーファーズパラダイスがサーファーからはかなり有名ですが、このボンダイビーチも海外から、サーフィンをしに来る人がいます。

ボンダイビーチへの行き方

ボンダイビーチは、シティからバスで行くことができます。
バスはハイドパークから乗ると、乗り換えなしで行けます。バスの番号は、333380North bondai行きに乗ります。シティからは、約30分ほどでビーチに到着します。

シティからバスで向かうと、右手方向に海が見えてきます。
ボンダイビーチは広いので、海が見えてから降りると真ん中あたりでちょうどいいかと思います。
https://www.instagram.com/p/Bp8W3aCnobY/
@fujinakahitomi

思っていたのと何か違う、、

到着してがっかりしないためにも、先に書いておきます。みんな同じことを言うのですが、シドニーのビーチは寒いです!

日中は日差しが強くて、日焼け止めクリームが欠かせません。
しかし、風が強いためなのか寒さは感じました。そして日が落ちると、急激に温度が下がり、夏でもパーカーやトレーナーが欲しくなります。
私たちは真夏に行ったのですが、海の水も冷たいです。泳いでる人もほとんどいません。みんなビーチで寝転んでいるだけでした。

以前にも記事に書きましたが、オーストラリアのビーチではアルコール類の飲酒が禁止されています。
私のイメージしていた、暖かいビーチとはまるで別物でした。


LUSH on Bondai

私はたちは特にビーチでやることもなく、寒さもあったので、Lushというカフェに入りました。
https://www.instagram.com/p/Bp80H8anQt_/

店員さんがとてもフレンドリーな女の子たちで、落ち着けるカフェでした。
ホットチョコレートをオーダーしたのですが、かわいいラテアートもしてくれました。まだ練習中かな?という気もしますが。笑
https://www.instagram.com/p/Bp7TPk6HWRm/

こちらのメキシカンサンドは美味しかったです。温めてくれたので、ビーチの寒さからも生き返りました。

結局、ビーチに来たのに寒くてカフェに逃げ込みましたが、ボンダイビーチはいいところですよ。(いまいち説得力ないですね笑)
ひとつだけ言えるのは、次に来る時は絶対に上着を持って来よう!ということ。それさえあれば、もっと楽しめる気がします。


物価の高いシドニーで、格安$5でステーキが食べられるお店⁉︎

こんにちは
藤中 眸 (@Fujinaka Hitomi)です。
ワーホリ前に日本で受講したTOEICは200点代だったのですが、オーストラリアで海外生活をしています。英語力が皆無でツライことがたくさんありますが、面白い体験や新しい経験も増え、楽しんでいます。



前回、シドニーで食べられる多国籍の美味しいレストランをご紹介しました。

今回はタイトル通りなのですが、格安でステーキを食べられるシドニーのレストランをまとめました。
シドニーは物価が高いのに、パブのステーキは10ドル前後と安く食べることができるんです‼︎

Sanctuary Hotel

私はこのサンクチュアリーホテルに、ほぼ毎週通っていました。笑
こちらは、月曜日から木曜日まではステーキを10.95ドルで食べることができます。
https://www.instagram.com/p/Bp6YKfaH-4c/
マッシュポテトかチップス(フライドポテト)がサイドで付いてきます。ソースは別料金のため、壁際に置いてあるケチャップやバーベキューソース、塩コショウなどをいつも使っています。
ここのお肉は大きくて、食べ応えあります‼︎ソースが付いていないのが残念ですが、お肉はこちらが1番美味しいです。

http://www.sanctuaryhotel.com.au
住所 : 545 Kent St, Sydney, NSW 2000
電話番号 : 02-9264-1119




The Haymarket Hotel

ホテルと名前が付いていますが、宿泊施設はありません。ローカルなパブなのですが、料理も注文できて、さらに料金もかなり安いです‼︎
なんと、ステーキとビールのセットで13ドルでした。ビールはワインに変更も可能です。
https://www.instagram.com/p/Bp5ugV7HsPW/
格安ステーキのお店の中で、こちらのソースが1番美味しかったです。私はよくマッシュルームソースをオーダーしていますが、本当に美味しくて友人にいつもオススメしています。
その他にも、フィッシュ&チップスとビールのセットや、チキンシュニッツェル&ビールのセットもあり、こちらも同じ値段で食べられます。

http://www.thehaymarkethotel.com.au
住所 : 663 george St, Sydney, NSW 2000
電話番号 : 02-8221-0226
営業時間 : 10:00am〜2:00am



The Forresters

月曜日のみ、ステーキが格安の5ドルで食べられます‼︎ たまたま通学時に看板を目にしたので、半信半疑で行ってみました。

ステーキは、確かに格安の5ドルで提供していました‼︎さらに、チップス(フライドポテト)かマッシュポテトもサイドで付いてくるので、お得すぎます!
そして、ソースも自分で選べます。私はグレービーソースにしたのですが、若干味は薄いかな?といったかんじ。
テーブルの上に、ケチャップやバーベキューソースがあるので、そちらをかけて食べました。
お肉は見た目よりも柔らかくて、美味しかったです。

(写真がいまいちですみません。言い訳しておくと、パブなので暗くて撮影が難しいです。)

注意点としては、必ずドリンクを注文しなければならないこと。こちらはパブですので、仕方ないですね。ビール好きな人には安く食べて、飲むことができるので最高かもしれません。
ドリンクを付けても10ドル前後で食べて飲むことができるので、かなり安いと思います。

月曜日の夕方5時頃に行きましたが、すでに席はいっぱいです。場所は少しわかりにくい場所なので、ローカルの人たちしかいない穴場なパブでした。

http://forresters.com.au
住所 : 336 Riley St, Surry hills, NSW 2010
電話番号 : 02-8322-2040
営業時間 : 12:00pm〜12:00am

まとめ

いかがでしたか?
ワーホリをしていると、学費や家賃、食費などを払わなければならず大変です。特に外食が高くて困ります。しかし、友人との交流は大切な息抜きでもありますし、英語を話す良い機会でもあります。
そんな時、こちらの格安ステーキのパブを見つけたため、私はよく通うことになりました。
ワーホリの方も、旅行の方も、ローカルなパブで格安ステーキをぜひ食べてみてくださいね。


現地ツアーガイドが教えるシドニーの美味しいレストラン

皆さん、こんにちは‼︎
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

前回まで、オーストラリアでの仕事について書いていました。記事はこちらから。

さて、今回はシドニーでツアーガイドをしていた時に教えてもらった、美味しいレストランをご紹介します‼︎お店は全て、私が実際に足を運んだお店です。ツアーでオススメしている場所や研修で足を運んだレストランもありますが、やはり現地で生活しているツアーガイドの先輩方は、美味しいご飯屋さんを色々とご存知でした‼︎



オーストラリアは多国籍の方々が集まっているため、様々な国のレストランがあります。オーストラリア名物のフィッシュ&チップスや、中華、韓国、タイ、マレーシアなど色々な国の料理をまとめてご紹介します。

SKY PHOENIX

シドニータワーと同じwest fieldのビルにあります。小籠包やチャーハンなど、何を食べても美味しいため、こちらのレストランは大人数で行って、ぜひ色々な種類を食べてもらいたいです‼︎最初に出てくるお茶から最後のデザートまで、本当に全て美味しくてオススメです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170319152953j:plain

中華料理
https://www.phoenixrestaurants.com.au/sky-phoenix/about
住所 : Cnr Pitt St Mall and Market St, sydney, NSW 2000
電話番号 : 02-8236-9200
営業時間 : 9:30am〜7:00pm



Yang San Park

チャイナタウン近くにある、韓国焼肉のお店です。サイドメニューもメインも全て美味しいレストランでした。お客さんは韓国人が半分以上で、韓国人も認めるお店です。
私はディナーのコースで頼んだため、若干値段がしました。しかし、シドニーなら普通の値段ですし、ここの美味しさであれば安いほうだと思います。
韓国料理レストランは、サイドメニューのポテトサラダやキムチなどは、おかわり無料なので、その点でもリーズナブルかと思います。
f:id:hitomi-fujinaka:20170319153325j:plain

韓国料理
http://yangsanpark.cafeleader.com
住所 : 21/1 Dixon St, Chinatown, Sydney, NSW 2000
電話番号 : +61 2-8283-3276
営業時間 : 12:00pm〜11:00pm
※曜日によって変動



Kobow

深夜でも営業している韓国居酒屋です。シドニーでは、なかなか遅くまで飲めるお店がないため、私はほぼ毎日通っていました。笑
正直、ご飯は普通です。ただ、遅くまで飲みたい人のためにご紹介しました。

韓国居酒屋
住所 : 68 Liverpool St, Sydney, NSW 2000
電話番号 : +61 2-9283-8077
営業時間 : 11:30am〜2:00am



Mamak

こちらは、以前ブログでも紹介したレストランです。ツアーガイドの先輩方からも美味しい!と大好評のお店です。常に行列ができるお店のため、並ぶこと覚悟で行かなければなりませんが、本当に本当に美味しいのでオススメです‼︎
記事はこちら。

マレーシア料理
住所 : 15 Goulburn St, Sydney, NSW 2000
電話番号 : +61 2-9211-1668
営業時間 : 11:30am〜14:30pm 17:30pm〜10:00pm
※曜日によって変動




grill'd

オーストラリアにある、チェーン店のハンバーガー屋さんです。シドニー市内では、WestfieldやWorld Squareの中にもあり、立地が良い場所にあります。
ヘルシーバーガーを売りにしているハンバーガー屋さんです。少し変わり種が多く、アボカド、ビーツ、チーズなどを使っていて、野菜を摂取したい人にもオススメです。
マクドナルドやバーガーキングなどのファーストフードとは異なるため、料理提供までに少し時間がかかります。値段は、10ドル前後で食べられます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170320103457j:plain

ハンバーガ
● westfield店 ●
住所 : Pitt St, Sydney, NSW 2000
電話番号 : +61 2-9223-7474
営業時間 : 11:00am〜9:00pm

● World Square店 ●
住所 : World Square Shopping Center, 58/680 George St, Sydney, NSW 2000
電話番号 : +61 2-9261-4900
営業時間 : 11:00am〜10:00pm


Maya de dhaba

インド料理なのですが、正式なレストランの呼び方がわかりません。ごめんなさい。笑
セントラル駅からサリーヒルズのほうへ数分歩いたところにあります。お店は広くて綺麗ですが、シティから少し歩くため混雑していません。ゆっくりご飯を食べたい時に、オススメです。
店員さんがフレンドリーで、立地は少し良くないけれど、また来たいと思えるレストランです。
https://www.instagram.com/p/BPhsJRThaXz/

インド料理
http://www.mayadhaba.com.au
住所 : 431 Cleveland St, Surry Hills, NSW 2010
電話番号 : 02-8399-3785
営業時間 : 12:00pm〜11:00pm



The Haymarket Hotel

オーストラリアといえば、やっぱりフィッシュ&チップスですよね。こちらはホテルと名前が付いていますが、宿泊施設はなく、料金もかなり安いです‼︎
なんとフィッシュ&チップスとビールのセットで$13‼︎‼︎ その他にも、ステーキ&ビールや、チキンシュニッツェル&ビールのセットもあり、こちらも同じ値段です。ちなみにビールは、ワインに変更も可能でした。
とてもリーズナブルで、店員さんもフレンドリーなお店です。私はよく通っていて、3人で違う種類を注文して、シェアして食べていました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170319153513j:plain

オーストラリア料理
http://www.thehaymarkethotel.com.au
住所 : 663 George St, Sydney, NSW 2000
電話番号 : 02-8221-0226
営業時間 : 10:00am〜2:00am


こちらでも、格安ステーキが食べられるパブを紹介しています。

Old Sydney (Holiday Inn)

こちらは、しっかりとホテルの中にあるレストランです。よく、ツアーでも紹介しています。
フィッシュ&チップスは、魚もポテトもどちらも揚げてあるため、脂っこい料理です。しかし、こちらのレストランは、サラダもたっぷり付いてくるため、バランス良く食べられます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170319153709j:plain

オーストラリア料理
住所 : 55 George St, The rocks NSW 2000
電話番号 : +61 2-9255-1800


Waterside cafe (YOTS)

ハーバーブリッジの海が見えるレストランです。店内も、かわいいカフェ風の造りです。

立地や景色が良いだけでなく、ご飯も美味しいです。特に、フィッシュ&チップスは私が食べた中で1番美味しいお店です‼︎
f:id:hitomi-fujinaka:20170319153813j:plain


カフェ(オーストラリア料理)
http://laissez.com.au
住所 : 2 Murray St, Pymont, Sydney, NSW 2000
電話番号 : +61 2-9298-3672
営業時間 : 9:30am〜5:00pm



いかがでしたか?
シドニーでは多国籍の料理を楽しむことができます。また、現地ツアーガイドとして長くシドニーに住んでいる先輩方に教えていただいたお店は、本当に本当に美味しいところばかりでした‼︎
シドニーを訪れた際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。



オーストラリアでお小遣い稼ぎした方法

こんにちは。
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

前回までオーストラリアのワーキングホリデーでの仕事について書いていきました。
記事はこちら。

今回は、仕事とは別で簡単な副業(お小遣い稼ぎ)も同時にしていたので、ご紹介します。



ボクシングデーの際に、安いと思って購入したワンピースが、とても似合わなくて不要になってしまいました。
ボクシングデーの記事はこちら。

ワーキングホリデーは荷物を増やすと、移動が大変になるため、とにかく荷物や不要なものは移動前や帰国前に減らしたいものです。
しかし、まだ1度試しただけで、他の人なら着てもらえるデザインのため、捨てるのはもったいないです。そこで、そのワンピースを売ることにしました!

今回は、オーストラリアで物を売る方法とコツをご紹介します。オーストラリアは物価が少し高いので、売る商品によってはお小遣いを稼ぐこともできますよ。
オーストラリアは車も服も中古の国です。日本で販売するよりも、需要が高いです。


インターネットサイト

まず、使用するインターネットサイトはオーストラリアで1番使われているGumtreeを使います。
こちらは英語のサイトなので、英語で記事を載せます。

もし、日本語のほうが良ければCheers!日豪プレスもあります。しかし、こちらのサイトを利用しているのはほとんど日本人なので、あまり購入者がいません。こちらで売れる物といえば、海外対応ドライヤーや日本製たばこ、日本製生理用品、日本製化粧品などです。帰国前で余った場合には、こちらで売るのが良いかと思います。

服やカバン、日用品などはGumtreeを使用するのがおすすめです。



Gumtreeへの載せ方

まず、商品の写真を数枚撮っておきます。こちらは後程、必要になります。

次に、Gumtreeに記事を載せます。最初に簡単な登録が必要ですが、サイトは無料で使用できます。

登録が終わったら、記事を投稿しましょう。登録後のメールか、Gumtreeのサイト上部からadd postのボタンを押します。

まず記事のタイトルを入力します。こちらは8文字以上でないと、エラーになります。
f:id:hitomi-fujinaka:20180129210825j:plain
サイトを見る人は、このタイトルをまず最初に目にします。その為、売るコツは、このタイトルを詳細に書くことです。
●商品名
●色
●形
●サイズ
●値段
●新品or未使用
●ブランド名
などをタイトルに入れておくと、わかりやすいです。


次に、商品の種類を選びます。
f:id:hitomi-fujinaka:20180129212540j:plain


タイトルと商品の種類が合っていることを確認し、下へ進みます。
次に大事なプライスを決めます。
f:id:hitomi-fujinaka:20180129212759j:plain
私は日本でも、フリマサイトをやっていました。その時は、必ずといっていいほど値下げ交渉されました。しかし、Gumtreeで載せた時は1度もありませんでした。もちろん、少し高めに設定して様子を見て下げるのも有りだと思います。
しかし、オーストラリアでは妥当な値段のほうが売れやすいような気がしました。私の場合は、値引きして‼︎と言われたことが1度もありません。そのため、あまり高くなく、若干利益のでるくらいに設定していました。

例えば、今回売りに出したワンピースはセールで10ドルでした。元値は20〜30だと思います。そちらを15ドルで出しました。5ドルだけの利益ですが、1度着用してしまいましたし、先方の女性にも安くて喜んでもらえました。何より、英語でやりとりが出来たことが、私としては1番満足でした。


価格の次に、商品の詳細について書きます。
f:id:hitomi-fujinaka:20180129213359j:plain
コツは、タイトルに書いたことを更に詳細に書くことです。

情報量は多いほうが良いかと思います。ただし、見やすさも重要です。こまめに改行を入れたり、記号を入れたりもしました。

そして、1番大切なのは写真です。
購入者は、商品写真に目を通してから詳細を読みます。まず写真がブレていたり、暗かったりすると詳細も見てもらえません。
必ず写真をアップすることが大切です。また、様々なパターン(表、裏など)があるとより購入率が上がります。
もちろん写真が良いに越したことはありません。しかし、加工する場合は、やり過ぎると後程トラブルにもなりかねるため、気をつけてくださいね。


詳細の欄に、私はピックアップ(受け渡し)場所を必ず指定しました。私の場合は、交通費をかけたくなかったため、最寄り駅での受け渡しと記載しました。ただし、最寄り駅がセントラル駅で、誰でも来やすくわかりやすい場所でした。
また、仕事で忙しい時期は、何時以降なら受け渡し可能なども記載しました。

商品について詳しく書くことはもちろんですが、受け渡しのことも書いておくとスムーズに購入してもらうことができますよ。


最後に、Gumtreeのオプションを選択します。
こちらはFreeでかまいません。
f:id:hitomi-fujinaka:20180129215905j:plain


やり取り

オーストラリアは、ショートメールでのやりとりが多いです。
場所は詳細で指定しているため、受け渡しの日時のみやりとりしました。また、わかりやすいように何か目印になる物やお店を指定しました。

商品の受け渡し

日本のフリマサイトと違うのは、会って商品を手渡しすることです。もちろん、インターネットバンキング等で振り込みしてもらって、商品を発送することも可能です。ただし、海外での配送は遅れや紛失もあるため、手渡しのほうがオススメです。
代金を受け取り、商品を渡せば完了です‼︎


まとめ

はじめは英語での連絡や、実際に会って売ることに緊張しました。しかし、1度やってみると売れることが面白くなります。また、TOEIC200点スタートの私でも英語でやりとり、販売ができた‼︎と自信になりました。
そして、日本で安く購入した服でも、オーストラリアは物価が少し高いため、高く売れたこともあります。特にユニクロや無印など、日本で購入して不要であれば、オーストラリアで高く売ることもできます。

私は2ヶ月ほどやってみて、合計100ドル以上は利益が出ています。正直、外人さんのほうがクレームもなくてスムーズに売買できている気がします。また、値引きも要求されなかったため、予想よりも高く販売することができました。
帰国前は特に不要な物を販売し、荷物を減らすのがオススメです。

日本人向けサイトでも販売できますが、ぜひオーストラリアではGumtreeで販売し、お小遣い稼ぎをして楽しいオーストラリア生活を送ってくださいね。


オーストラリアの仕事⑤オーペア(ナニー)

藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

オーストラリア最後の仕事は、オーペアでした。オーペアはオーストラリアの言い方で、ナニーとも言います。
子供の面倒をみるベビーシッターのような仕事ですが、ベイビー(赤ちゃん)ではなくチャイルド(子供)のため、呼び方や仕事内容が違います。


使用したサイト

GO豪メルボルン
仲介業を通して探すお母さんもいますが、個人でサイトに載せて募集している人も多いです。

応募方法

メールで応募し、メールで連絡をもらい、数回やりとりしました。履歴書も送付して欲しいとのことで、英語の履歴書を送付しました。
数日後に面接という名の顔合わせがありました。

面接で聞かれたこと

○保育士や保母さん、他でのオーペアやベビーシッターの経験はあるか
○子供は好きか
○出来るだけ長く働いて欲しいが可能か
(この質問の意図は、他の人を探すのも手間ということもありますが、すぐに人が変わってしまうと子供にもストレスがかかってしまうためです。)
○料理はできるか(簡単な料理でOKとのことでした)
○住み込みでの仕事のため、引っ越しは可能か
○いつから引っ越しと仕事が可能か

私は全くの未経験でしたが、兄弟の面倒をみていたことを伝えました。また、履歴書の経歴やメールでのやりとり、当日会った際の話し方などを考慮し、即採用していただきました。
念のため、パスポートのコピーは取られました。

必要な英語力

★★☆☆☆
家庭(子供)によります。もちろん、オーストラリア人の家庭の場合は、英語必須です。
私が仕事した家庭は、お母さんが日本人だったため、子供に日本語を教えて欲しいと言われました。その為、英語はほとんど必要なく、子供も日本語を理解して話していました。時々、わからない日本語があると子供が英語で話してくるため、リスニングは少し必要でした。
子供の友達や、そのお母さんたちはオーストラリア人や他の国からの移民も多く、コミュニケーションのための多少の英語は必要でした。

英語力の伸び

★★★★☆
特に、リスニングとボキャブラリーが伸びました。生活を共にすることで、日常で使える英語を勉強することができました。
一緒に子供向けのテレビ番組を見たりもしていたため、リスニングが本当に伸びました。

時給

週200~500$
(親御さんの仕事時間や出張などにより変動)
時給制ではなく、お小遣い制でした。

●待遇

家賃、食費など全て無料

●労働時間

8:00~17:00
週休2日(土日)

●労働人数

1人
お世話する子供は2人で、私が面倒みていたのは8才と4才の女の子でした。

仕事内容(1日の流れ)

8:00 子供(8才)を起こす & 身仕度の手伝い
8:30 学校へ一緒に行く
9:00 学校到着
9:30 家に到着 & 朝食
10:00 食材の買い出し & ゴミ捨て
12:00 簡単な昼食作り
12:30 昼食
13:00 子供(4才)と公園へ行く
14:30 子供(8才)のお迎え
15:00 子供2人と公園で遊ぶ
17:00 帰宅

f:id:hitomi-fujinaka:20180911121946j:plain
オーストラリアの法律では、小学校へ行く時でも大人が送迎しなければなりません。また、12才以下の子供を家でお留守番させることは禁止など、必ず大人がいなければならないという法律があります。
その為、海外のナニーは学校送迎が仕事になります。


●良かったこと

○子供たちが本当にかわいい、癒される(ハーフなので顔立ちも可愛い)
○自分の子供ではないけれど、親になったような気分で、子供が何か賞をとったり誉められたりするとすごく嬉しい
○子供たちは英語の会話のほうが楽なため、子供の英語からボキャブラリーが増えた
○日常で使う英語、教育のときの英語などがわかるようになった
○生活費や食費、家賃がかからないため、収入は少ないがお金は貯めることができた
○ファームや日本食レストランの仕事と比較すると、かなり楽!
○子供の友達や、そのお母さんたちとは英語での会話のため、英語力が伸びた
○子供の友達の家にお邪魔させていただいた時、たまたま英語の先生をしているお母さんがいて、メールや遊びに行った時に英語を教えてくれた
○公園で遊んでいる子供や、その親御さん方と仲良くなり、英語で会話が出来た
○オーナーさんの作ってくれるご飯が、すごく美味しい
○オーナーさんがよく外食にも連れて行ってくれた(現地に何年も住んでいるため、美味しいところも知っていて連れて行ってくれた)
○オーナーさんと、そのお友達の方とワインを飲んだりして話す時間も楽しかった
○子供たちが似顔絵や手紙を書いてくれたときに、すごく嬉しくて感動した(私の宝物の1つです!)

●良くなかったこと

○土日は休みの契約だが、子供は遊ぼーう♪と言って早朝から部屋に来るため、休みがない
○風邪をひいたときや、生理痛がひどくて寝込んでいても、子供は関係なく騒がしい。風邪をうつしたくないのに部屋に入ってくるため、追い出すのが大変。仕方のないことだが、本当に風邪の時はつらかった。
○最初の予定では小学校と幼稚園へ送って、その後は自分の自由時間と言われていました。しかし、幼稚園は週2日、小学校もホリデーになったりと自由時間は当初伝えられたよりも短かった
○17時以降や土日は自分の時間だが、料理の手伝いや子供の面倒を頼まれることもあった
○子供がワガママを言うときや泣かれた時は、かなり困った
おもちゃ屋さんや本屋さんに連れて行くと必ずねだられる
○子供は遊んでいてもすぐに飽きるため、新しい遊びを常に提案しなければならず、思っていたより大変だった
○オーナーさんに外で遊んで欲しいと頼まれ子供を連れだそうとしたが、どうしても外に出たがらず、噛みつかれたこともあった
○日本ではダメ!と怒られることでも、オーストラリアでは個人を尊重するため良しとされることなどの文化の違いのギャップがあり苦労した
○オーナーさんは未経験だということを承知で雇ってくれたが、以前のオーペアさん(元保育士)と比較され、自信喪失したこともあった
○オーナーさんが出張で1週間ほどいない時があり、ご飯やお風呂など全て自分がやらなければならず、かなり大変な体験をしたこともあった(たとえ子供も持つ親でさえも、他人の子供を1週間も預かるのは厳しいと思います)
○オーナーさんの希望と子供の要望が正反対で、板挟みに困ることも多かった
○子供は体力が有り余っていて、公園で遊ぶ時に自分の体力も必要
○子供は自分の思い通りに動いてくれるはずがなく、ストレスが溜まることも多かった
○オーナーさんはいい人なのだが気が強い人で、若干のストレスを感じることもあった

まとめ

オーペアの仕事は、家庭によって全く異なります。
私の場合は、オーナーさんがいい人でしたし気が合う人だったため、すごく楽しく生活できました。しかし、オーナーさんと合わないとストレスで、悪くない子供でさえも可愛くみえなくなるそうです。
また、気が合う人でも生活を共にするというのは多少なりともストレスを感じます。イライラすると子供にも悪影響です。
いくら自分のほうが子供の面倒を見ている時間が長くても、子供はやっぱりママの味方です。オーナーさんが悪く言えば、当然子供は信じます。この仕事は、オーナー(お母さん)と協力して行う仕事だと頻繁に思いました。その為、子供のお世話だけでなく、オーナーさんとのコミュニケーションもかなり大切になってきます。
私は運よくオーナーさんが気に入ってくれて気もあったので、子供にも私のことを良いように言ってくれていました。

子供の面倒を見るのが好きな人には、絶対に向いている仕事だと思います。しかもハーフの子供は、やっぱり格段に可愛いです! 未経験でも出来る仕事ですが、子供のワガママにどう対処して良いのか悩むことは多いです。子供が大好きでも、元保育士さんでもストレスは感じる仕事です。しかし、色々と試行錯誤し、子供が言うことを聞いてくれるようになるとホッとしますし、喜びは大きいです。もし将来、自分の子供を授かったとしても、対処できる自信もつきました。もちろん、上手くいかないことのほうが圧倒的に多いのは承知です。
公園で会ったお母さん方からも、色々な対処法を聞くこともでき、将来の勉強にもなりました。

英語力は今までの仕事の中で、1番伸びました。子供や子供の友達、その親御さんたちから学ぶことができました。公園に来ているお母さんたちは、みんないい人で仕事を辞めた後もご飯に連れて行っていただきました。




ピースボート地球一周の船旅

無料で資料請求はこちら!

珍しいファームや危険ファームなど情報いろいろ

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

前回、私が実際に働いたファームについて、ご紹介しました。記事はこちら。

今回は、私が聞いた他のファーム情報をご紹介します。面白い経験ができるファームや、ひどいファームなど実情を書いていきたいと思います。


各都市における仕事情報

オーストラリアは広いため、場所によって作れる野菜や果物が異なります。

ケアンズ バナナ ナッツ いちご ブルーベリー
レモン マンダリン(みかん)
ゴールドコースト 玉ねぎ アボカド アーモンド
マンゴー ライチ レモン
ブリスベン いちご ブルーベリー ラズベリー トマト
ピーマン シトラス レモン ライム
パッションフルーツ ズッキーニ
シドニー 玉ねぎ いちご アスパラ
メルボルン いちご マンダリン(みかん) グレープ
アーモンド りんご
タスマニア チェリー りんご ラズベリー

いちごは、どこの都市でも募集が多くあります。いちごやチェリー、ラズベリーなどは重さが軽く、運ぶのは女性でも可能です。しかし、1粒の大きさが小さいため、1トレー計算だと多く採らなければならず大変です。
逆に、バナナやりんご、玉ねぎなどは重いですが、採る量は少なくてすみます。1トレー(籠)換算の場合、かなり簡単に稼げます。力のある男性には向いていると思います。
人によってメリット、デメリットが異なります。自分が運べそうな果物や野菜を選ぶのも重要です。
f:id:hitomi-fujinaka:20180904033237j:plain

仕事の種類

仕事内容は採取(ピッキング)のみでなく、種(苗)植え付けや、箱詰め(パッキング)などもあります。
パッキングは工場のような場所で、座ってできる仕事のため、かなり楽だと聞きました。
タスマニアのファームでは、時給21$のチェリーパッキングの仕事があるそうです。チェリーは重くないですし、パッキングなので座って音楽を聴きながら仕事ができたそうです。さらに、時給制のため貯金がかなりできたそうです。その代わり、同じ作業を同じ場所で毎日行うため、つまらないそうです。何のためにオーストラリアにいるのかわからないと、よく呟いていました。
パッキングの仕事は、女性に向いている仕事で、場所によっては女性限定募集のところもあります。

劣悪ファームに注意!

私が経験したファームは韓国人経営だったため、環境が良くなかったと思います。しかし、さらに劣悪なファームもたくさんあると聞きました。
バンダバーグという場所にあるファームでは、時給も悪く(給与を正確にくれなかったところも)、さらに3ヵ月以上働いてもセカンドビザの申請ができなかったと、働いていた友人から聞きました。
カブルチャーという、ブリスベンにあるファームは良かったという話も聞いたことがあります。カブルチャーは募集も多く、様々な野菜や果物が取れる場所で、よくオススメされるファームです。


珍しいファームジョブ

フルーツや野菜以外にも、セカンドビザを取得できる珍しい仕事があります。
私が友人から聞いた仕事は、牛肉工場そしてなんと、ワニの飼育です!!!

牛肉工場というとスーパーなどでよくある、牛肉をパックに詰める仕事を思い浮かべる方が多いと思います。女性の場合は、パック詰めだそうです。しかし、男性の場合は生きた牛を解体しなければならないそうです。とても生々しい話だったため、ブログで書くのは控えますが、友人は精神的ダメージが大きくて辞めたそうです。ただ、その仕事より酷い仕事はない!と体験をバネにして頑張っていました。
f:id:hitomi-fujinaka:20180904033412j:plain
ワニの飼育は、本当にオーストラリアでしか出来ない仕事だと思います。素人でも出来る仕事なのかと思いますね。やりたい人は珍しいかもしれませんが、面白い経験ができると思います。笑
仕事内容は、ワニのエサやりが主だそうです。お腹が空いている時が1番怖いと思うのですが。汗
ちなみに、友人はワニに噛まれて入院しました。本当に危険な仕事だと感じるのですが、その友人は退院後にまた同じ仕事に戻りました。もしかすると、やりがいがあって楽しいのかもしれません。笑

まとめ

ファームジョブは、オーストラリア人がやりたくない仕事です。その為、ワーキングホリデーの人たちにセカンドビザというエサを吊るして、働かせています。(言い方が悪いですが事実です)
劣悪環境のファームに関して、政府に申告しても、オーストラリア政府は何も対処してはくれません。(そのため、バンダバーグなどの劣悪ファームは未だに経営が続いています。)

もちろん、悪いことばかりではありません。ファームの仕事では、面白い経験や貯金、友達など得られるものはかなり大きいです。良いファームを見つけて、ぜひ楽しいワーホリ生活を送ってください。


オーストラリアの仕事④ファームジョブ

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

オーストラリアのファーム(農場)の仕事について、ご紹介します。
ワーキングホリデービザを取得している人は、ファームで3カ月働くと、ビザを1年間延長することができます。その為、オーストラリアが好きな人やもっと長く滞在したい人は、ファームで働く人が多いです。
私の場合はビザ延長のためではなく、都市移動の際に仕事と家の両方を探していて、たまたま求人を見つけたため働きました。


使用したサイト

Go豪メルボルン
ファーム情報は、サイトだけでなくバックパッカーなどで情報を得られることもあるそうです。
一概には言えませんが、日本の求人サイトに載っている場所は、韓国人経営のところが多いです。バックパッカーで得た場所は、ヨーロッパ系が多いです。

応募方法

メールで応募しました。
働く1日前には、シェアハウスに来てほしいとのことでした。

面接で聞かれたこと

面接は全くありませんでした。応募すれば誰でも働けるようです。

必要な英語力

★☆☆☆☆
英語は全く使いませんでした。
韓国人が経営者で、韓国語で全てを説明されました。笑
その後、既に働いていた日本人が日本語で簡単に説明してくれました。とりあえず見よう見まねで仕事をしました。

英語力の伸び

★☆☆☆☆
英語は全く使わなかったため、伸びるはずもありませんでした。その代わり、韓国語の単語が少し理解できるようになりました。

時給

出来高
1トレー × 10$~15$
(日によって変動)

待遇

シェアハウスのお米が無料
ファームまでの送迎あり ※ただし1日7$

労働時間

6:00~17:00

労働人数

20~50人
韓国人60% 日本人20% 中国人10% 台湾人10%
(韓国人が経営していたため、韓国人が多かったです)
f:id:hitomi-fujinaka:20180903125443j:plain

仕事内容(1日の流れ)

4:00 出発 (車でファームへ移動)
6:00 仕事開始 & いちごピッキング
13:00 ランチ休憩
13:30 仕事再開 ピッキング
17:00 仕事終わり(車で帰宅)
19:00 帰宅



良かったこと

○日本では経験できない体験ができたこと
○韓国語を少し覚えることができた
○シェアハウスの環境がとても良く、シェアメイトとの生活が毎日楽しかった
○米が無料だったため、食費を抑えることができた

悪かったこと

○韓国人経営のため、韓国語で説明された
○日本人や中国人を悪く言う韓国人がリーダーだったため、日本人からすると環境は良くなかった。つまり、上記で記述した覚えた韓国語というのは悪い言葉(バッドワード)です。笑
出来高制、さらにシーズンオフだったため給与はかなり少なかった
○給与計算が全く正確ではなかった
○そのファームでは肥料に馬などの糞を使用していたため、臭いがひどかった
○しばらくイチゴを食べる気がしなかった(慣れた人や大丈夫な人は、イチゴをもって帰ってジャムを作っていた)
○シェアハウスからファームまでの交通費(ガソリン代)も差し引かれるため、人によってはマイナスの人もいた
○韓国人が気に入らないとトレーの中身を捨てられることもあり、なかなか稼げない
○朝4時に出発し、移動に片道2時間(往復4時間)など、時間のムダが多かった
○労働時間、給与と労力など、考えると状況は最悪だった

まとめ

ファームは場所や経営者によって、かなり差があります。口コミなど情報が少ないため、ファームの仕事は、友人の紹介で入るのがベストです!
しかし、シティに住んでいるとなかなかファーム情報はゲットできません。もし劣悪環境のファームに行ってしまったら、すぐに変えるのがオススメです。ちなみに私は、セカンドビザ目的でもなかったですし、最悪の環境だと感じたため3日で辞めました。笑
その他、私が聞いたファーム情報をまとめました。こちらもどうぞ。

セカンドビザを取得したい人は多いと思いますが、ワーホリは1年しかないので、時間を無駄にせず、楽しくできる仕事を選んでくださいね。


オーストラリアの仕事③現地ツアーガイド

藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。
オーストラリアでワーキングホリデーをしています。

今回は現地ツアーガイドの仕事について、記載します。ワーキングホリデーでも現地ツアーガイドができるのか、と驚きでしたが私でも出来ました。
そして当然、英語力が必要だと思いますよね? もちろん必要ですが、TOEIC200点だった私でも仕事ができました。自分でも、現地ツアーガイドとして働いていたことが本当に驚きです。笑


f:id:hitomi-fujinaka:20180830124203j:plain

●使用したサイト

cheers
シーズンによりますが、ツアーガイドの募集が頻繁に掲載されています。

●応募方法

メールで応募しました。その際に、英文の履歴書を添付しました。
しかし、その返信メールに『日本語の履歴書を添付してください』と履歴書のフォーマットも添付されていました。その為、日本語の履歴書も作成しました。

●面接で聞かれたこと

○日本での仕事経験と仕事内容
○英語力はどのくらいか
○オーストラリアに来てどのくらいか
○接客業務はしたことがあるか

面接時に、かなり何度も確認されたことがあります。それは1ヶ月間の研修期間は給料が出ないことでした。それでも大丈夫ですか?と何度も聞かれました。
私の場合、その時に掛け持ちで別の仕事をしていたため、金銭面では問題ありませんでした。



●必要な英語力

★★★☆☆
意外にも、英語力は中級レベルで大丈夫でした。(私の英語力は初級でしたが。)特に英語に関しては、そこまで重要視していないようでした。
それよりもお客様が日本人のため、日本語力のほうが大切でした。

●英語力の伸び

★★★☆☆
空港での対応でチェクインの仕方などを学ぶことができました。また、バスの運転手さんは現地のオーストラリア人もいたため、打ち合わせなどで英語を使うことがありました。

●時給

21AUD
オーストラリアの普通の時給です。日本企業や日本食レストランと比較すると、かなり高いです。
日本食レストランの時給や仕事内容はこちら。

●待遇

交通費支給
ツアー時のランチ無料
f:id:hitomi-fujinaka:20180822075710j:plain
ツアーのお客様と同じランチを、ツアー会社が提供してくれます。しかし、毎日フィッシュ&チップスや中華だったため、脂っこいし飽きます。笑

●労働時間

トランジットアシスト 8:00~12:00
ツアー 8:00~21:00
お客様のトランジット時間やツアー内容により、かなり変動あり。

●労働人数

基本的には1人
お客様の人数はツアーにより異なり、3~40人

●仕事内容(1日の流れ)

トランジットアシスト
(国際線から国内線への移動のお手伝い)

8:00 国際線空港で待機
9:30 お客様をご案内
10:00 空港チェクイン
10:30 バスで移動
11:00 国内線空港到着
12:00 お客様をお見送り

バスツアー(例)

13:00 お客様のお迎え & 出発
13:30 車窓観光
13:45 ランチ
14:30 観光案内
18:00 お客様をディナーへ

※オプショナルツアーなどがあると残業もあり


●良かったこと

○研修中は、お客様と同様にツアーに参加できるため楽しい(仕事というよりは一緒に観光している気分)
○歴史や観光地についての研修があり、私は歴史が好きなので興味深く、楽しいと思える内容だった
○普段は有料のツアーも、ツアーガイドとして無料でツアーに参加できた(例えばオペラハウスの中なども無料で見ることができた)
○日本人のお客様だったため、基本的には皆さん優しい人ばかり
○とにかくお客様を楽しませる仕事のため、喜んでもらえると嬉しい!
○お客様からチョコレートや、チップで福沢諭吉をいただいたことも!!!
○空港のチェックインで英語を使うため、自分が旅行に行くときにスムーズにチェックインができるようになった
○現地人のドライバーさんが多く、英語で会話もでき、現地情報なども聞くことができた
○研修やミーティングで、会社がご飯に連れて行ってくれることもあった

●良くなかったこと

○研修中は無給のため、時間のムダだと思う人もいる(掛け持ちで仕事をすることがオススメ)
○研修はあるが、自分で勉強しなければならないことが多い
○トランジットアシストでは、移動時間がギリギリすぎるため、かなり焦る
○もし飛行機に間に合わなかった場合、空港でチケットの手配をしなければならない(ここで英語力が必要でした)
○稀にクセの強いお客様もいるため、困ることもあった
○お客様は私が英語ができると思い込んでいるため、出来るフリをしなければならない。笑 (もちろん英語を話したら厳しいため、私はまだまだ勉強中です、と聞かれた場合は伝えました。しかし、オーストラリアに住んでいるのだから出来るのだろうと勝手に思い込んでくれていました。笑)
○お客様からの「あれは何?」という質問に答えられなかったとき(答えられない場合は後で調べて答える。)
○フィッシュ&チップスばかり食べ過ぎて、脂っこくて飽きてしまった
○渋滞などで遅れる場合もあり、常に時間を気にしてスケジュールを立て直さなければならない
○ツアーバスの中でしゃべる内容がなくなると困る。笑 (これは経験の差だと思います)
○待機時間は時給が発生しないため、お客様を無給で何時間も待つことが多い


まとめ

向き不向きのある仕事ですが、私はとても楽しかったです。他の仕事と比較すると、時給も英語の伸びも高いです。
ツアーは1人での仕事ですが、先輩方とも事務所で会うことがあるため、先輩方と仲良くなりました。よく、ご飯に連れて行ってもらったりもしています。困ったことなども相談でき、とても勉強になります。

空港でのチェックインがスムーズにいくと、英語にも自信がつきました。慣れてくると、オーストラリア人のスタッフとも会話が出来るようになりました。
1度、男性スタッフが「バスは日本語で何?」と質問してきました。きっとバスチケットを手渡すときに日本語で言いたかったのですが、残念ながら日本語でもバスですよね。笑 日本語もバスだと伝えるとスタッフ一同爆笑でした。
簡単な英語ではありますが、以前の私では考えられない英語の会話です。英語の伸びはかなり感じていました。

そして何より嬉しかったことは、お客様が楽しかったと喜んでくれたことです。1人で40人の団体客を案内するのは、かなり厳しく大変だと感じることも多かったです。しかし、最初にまだ新人ですが頑張りますと挨拶しておけば、日本人のお客様は理解してくださる方も多かったです。もちろん、せっかくお金を払って来てるのに新人かよ、という冷たい目線もありました。しかし、一生懸命さだけは伝わり、これからも頑張ってね、と最後にはチョコレートをいただきました。
ご年配の方は、オーストラリアで生活していることに対して、大変だね、苦労しているんだね、という感情を抱いている人が多いです。そのため、なぜか同情されることが多々ありました。(こちらは自分で選択して住んでいるのですが、なぜか急に島流しにされたような気分になりました。笑)
とにかく、日本人のお客様はとても優しいです。皆さん、喜んでくれると最後にお菓子やチップをくださいます。とてもやりがいのある仕事でした。