読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOEIC200点の女が海外ひとり旅した結果

机に向かって勉強はできない。とりあえず海外へ行ってみる。

セブ市内でゆっくりできるカフェ

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

セブ島のレストランを色々と紹介してきましたが、本日はかわいいカフェをご紹介したいと思います。
そんなに人が多くない、ゆっくりできる穴場カフェです。



前回、美味しいお寿司の日本食レストランAZABUをご紹介しました。カフェは、そのレストランのすぐ近くにあります。
カフェの場所については、AZABUの記事をご覧ください。

カフェの名前は、COUNTRY BASKET(カントリーバスケット)といいます。

こちらが外観です。
f:id:hitomi-fujinaka:20170522141628j:plain
外から店内が見えるようになっています。2階建てになっていて、1階で注文、2階で召し上がれます。

カフェに入るとすぐ、美味しそうなメレンゲやクッキーが綺麗に並べられていました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170522141843j:plain
かわいいので見ているだけでも、すでに満足です。

奥にはショーケースがあります。ケーキやカップケーキが売られています。
f:id:hitomi-fujinaka:20170522141739j:plain
スタッフは、フィリピン人の女の子2人でした。笑顔がかわいくて、接客も親切でした。

私はコーヒーを注文しました。種類により値段は異なりますが、こちらは75ペソ(約190円)でした。
f:id:hitomi-fujinaka:20170522141807j:plain
コーヒーも普通に美味しいです。

店内はカラフルだけど、派手ではない明るさです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170522141824j:plain
小さいお店なので、2~3人くらいの少人数で来るのがおすすめです。

帰りにカップケーキを購入しました。とにかく可愛くて、そして美味しいです。BOXもすごく可愛くて、持って歩くと目立ちました。

先生に、ここのカップケーキを買っていったら、とても喜ばれました。
CUTE!!!といって、みんな写真を撮ってInstagramにあげてくれました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170522141912j:plain
自分用にも、お土産にもおすすめですよ。

セブシティでゆっくりしたいと思った時は、ぜひこちらのカフェに寄ってみてくださいね。



f:id:hitomi-fujinaka:20170522141701j:plain

COUNTRY BASKET Pastries&More

住所 : Gorordo Ave, Cebu City, 6000 Cebu, Philippine
電話番号 : +63 32 414 0833
営業時間 : 10:30~23:30


セブ島でお寿司が食べたくなったら、日本食レストランAZABU(麻布)がおすすめ

Hi, this is Hitomi Fujinaka.
どうも、こんにちは!
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

フィリピン留学中なのですが、やっぱり日本食が恋しくなってきました。
特に、お寿司がどうしても食べたい!ということで、セブ島にある日本食レストランへ行ってきました。
今回は、セブ島の中でも美味しい日本食レストランをご紹介します。



ご紹介するのは、AZABU 麻布というお店です。名前がなんとなく、高そうですよね。
現地のフィリピン人も、美味しいと言っているレストランです。

場所はセブ市内にあります。ITパークからJY square(JYスクエア)の方向へ歩いて、10~15分ほどです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515151420j:plain

JYスクエアまで歩いたら、マクドナルドのほうへ進みます。Jollibee(ジョリビー)の向かいの道路を渡ります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515151517j:plain
こちらは交通量が多いのに信号がないので、渡る時は気を付けてくださいね。

カフェと薬局が見えたら、その奥にAZABUがあります。ホテルの入り口の手前です。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515151734j:plain
外観は、とても高級そうな雰囲気です。

内装も落ち着いていて、なんだか日本に帰ってきたみたいです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515152324j:plain
カウンター席と、テーブル席があります。

メニューの種類も豊富で、とても迷います。 一品料理や、御膳、コース料理などがありました。
メニューは、英語と日本語で書いてあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515153327j:plain
店員さんはフィリピン人ですが、多少の日本語はわかってくれました。

鉄板焼とお寿司が、メインのレストランだそうです。カウンター席の目の前で、鉄板ステーキを焼いてくれるそうです。

鉄板ステーキを見たかったですが、今回は念願の、お寿司御膳にしました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515153515j:plain
めちゃくちゃ美味しくて、日本で食べるお寿司のようでした。

カリフォルニアロールは、海外というかんじがしますが、美味しかったです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515153816j:plain

こちらは友達が注文した、天丼です。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515154426j:plain
衣がサクサクしていて、クオリティーが高いです。

お味噌汁も、日本の味でした。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515154345j:plain

最後に、デザートも付いていました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515154823j:plain
こちらのコーヒーゼリーも、美味しいです。

ミネラルウォーターを頼むと、お店のロゴが入ったボトルで出てきました。
このボトルかわいいし、使いやすそうだったので、お持ち帰りしました。持ち帰っても大丈夫だよと言ってくれたので、語学学校で使っています。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515162313j:plain

あまりに美味しくて、食べることに夢中でした。全てに美味しいと書いていますが、本当に!本当に!美味しかったです!!!



お寿司があまりにも気に入ったため、別日にもう1度行ってしまいました。今度はランチで行きました。

ランチタイムに行くと、ランチメニューもありますよ。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515152315j:plain

今度はSushi combination(寿司コンビネーション)にしました。

まず、小鉢が来ました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515154208j:plain
こちらの小鉢も、日本の味のようで美味しいです。

ランチにも、お味噌汁が付きました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515154315j:plain

そしてお寿司!!!
f:id:hitomi-fujinaka:20170515155115j:plain
2回目ですが、本当に美味しかったです!!!
玉子焼きも、ちゃんと日本のような玉子焼きでした。

暖かいお茶をお願いすると、持ってきてくれました。緑茶ではなく、烏龍茶のようなかんじでしたが、満足でした。
ここはオーナーが日本人だそうで、ちゃんとした日本の味付けでした。刺身も安心して食べられます。

メニューによりますが、お寿司は1000円ほどでした。フィリピン人からすると、かなり高いお店のようです。
本当に美味しかったので、日本人はこの値段でも安いと感じます。次は鉄板焼も食べに行きたい!と思っています。鉄板焼も食べたら、またこちらでご紹介しますね。

AZABUの後、すぐ近くのカフェに行きました。そちらも良かったので、後日紹介しますね。



f:id:hitomi-fujinaka:20170515153230j:plain
AZABU
住所 : Unit 3, JY Square Prestigio, Gorordo Avenue Corner Sanson Road, Cebu Cuty, 6000 Cebu, philippine
電話番号 : +63 32 239 6849
営業時間 : 11:00~14:00 / 17: 00~23:00


セブ島のセブンイレブンは日本とココが違う

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

本日は、セブ島コンビニをご紹介します。
日本ほど沢山あるわけではありませんが、街中には所々コンビニがあります。日本と同じ点もあれば、違う点もあります。今回はセブ島で1番多い、セブンイレブンをご紹介したいと思います。



外装は、日本のセブンイレブンと全く同じです。馴染みのある色ですよね。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514054513j:plain
まず始めに、日本と違うところはドアです。自動ドアではなく、扉なのですが結構重いです。多分、防犯のために重くしているのだと思います。

スーパーやショッピングモール、薬局でも、セブ島で自動ドアは見たことがありません。必ずドアの前にガードマンが立っていてドアを開けてくれます。このあたりは治安の問題ですね。
ちなみにセブンイレブンにも、ガードマンがいます。

商品は日本のように、しっかり陳列されています。
コーヒーの粉MILOの粉が多いです。フィリピン人はMILOをミロではなく、マイロと呼んでいます。そして、この粉を溶かさずに、そのまま食べることもあるそうです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514055642j:plain

サンドウィッチご飯紙パックのドリンクなども売っています。このあたりは日本と同じですね。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514055843j:plain

ペットボトルのドリンクも日本と同様、しっかり冷蔵されています。
緑茶も売っているので、飲みたくなったらセブンイレブンへ来れば購入できますよ。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514055922j:plain

コーヒーマシンがあり、コーヒーも購入することができます。
スモールサイズが20ペソ(約50円)、大きいサイズでも39ペソ(約100円)と、かなり安いです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514060035j:plain
ただし、ホットコーヒーの販売しかありません。暑いセブ島では、なかなかホットコーヒーを試す機会はありませんでした。

アイスコーヒーはありませんが、冷たいドリンクは販売しています。
コーラリプトン レモンティーファンタ オレンジなどが売っていました。
こちらは18ペソ(約45円)からと安すぎます。しかも、コーヒーのビッグサイズより大きなカップです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514060449j:plain
販売しているジュースの種類は、店舗によって異なります。

フルーツジュースもあります。味はパイナップルマンゴーフルーツミックスなどが販売されています。22ペソ(約55円)なので、こちらも安いです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514062325j:plain
ただし、どこの店舗でも機械が壊れていたり、ジュースが売り切れ(補充していない)ことが多いです。お客さんが言ってから、ようやく補充したりします。補充しないまま放置というのは、日本とは違う点ですね。

シャーベットもあります。これは日本では見かけませんよね。ハロハロを作ることもできるそうです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514060611j:plain

mister Donutが売られていることに驚きました。
チョコレートは暑さで少し溶けていましたが、見た目はどれも美味しそうでした。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514060903j:plain
f:id:hitomi-fujinaka:20170514060829j:plain

軽食もあります。機械の中にパンソーセージが入っています。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514060952j:plain
ソーセージをパンに挟み、ホットドッグにして、専用のペーパーに包みます。全てセルフで作り、レジへ持っていきます。
日本だと、店員さんがレジから渡してくれますよね。ケチャップは、レジで受け取れます。
ちなみに、味は普通でしたよ。

肉まんも販売しています。こちらも同様、自分でレジへ持っていきます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514061338j:plain
フィリピンの味なので、どれが何味かわかりませんでした。見つけた際は、ぜひ試してみてくださいね。

他にもカップラーメンアイスクリームお酒お菓子など売っています。日本とあまりかわりませんね。

セブンイレブンガードマンを見つけました。
彼が座っているのは、アイスクリームのケースの上です。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514061409j:plain
この光景は、日本では見ることができませんよね。写真を撮っても何も言われないですし、降りる気配もありませんでした。笑

機械が壊れていたり、セルフサービスが多かったり、商品ケースの上に座ったり、やっぱり海外だなと思う点はありました。そして、日本のクオリティーの高さを再確認できました。
海外のコンビニって面白いですよね。また面白い物を見つけて、ご紹介できれば良いなと思います。


セブ島でバドミントンができる場所(マクタン地区)

こんばんわ
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

私は現在、英語を勉強するため、セブ島で語学留学をしています。語学学校では、高校のような時間割りで勉強しています。
頭も体も英語疲れしてしまったので、今回はリフレッシュしたくてバドミントンをやることにしました。 なぜバドミントンかというと、実はフィリピンでバドミントンが盛んなようです。
今回はバドミントンの体育会までの行き方、体育会の様子をご紹介します。



今回、私たちが行ったのはPOONA ZONEというバドミントン体育会です。
場所はマクタン地区で、空港から近い場所にあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514031252j:plain

ガイサノ アイランドモール マクタンから、歩いて5分かからない場所にあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514031418j:plain
ガイサノまでは、ジプニーで行くことができます。ちなみに、リゾート地からガイサノは、ジプニーで12ペソ(約28円)で行くことができます。

ガイサノの入り口から左へ、マクドナルド方向へ進みます。
真っ直ぐ進むと、こちらの看板が見えてきます。なぜか2つあり、夜でも光っているので見つけやすいです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170513181808j:plain
この看板のすぐ左に、駐車場があります。駐車場には街灯がなく、夜遅いと少し怖いです。
駐車場の奥へ進むと、体育会が見えて来ます。

体育会へ入って、すぐ左手に受付があります。こちらで、ラケットシャトル(羽根)を借りることができます。シャトルは消耗品のため、購入になります。
私たちは6人で行って、ラケット4本を借り、シャトル2つを購入しました。

ラケットはかなりボロいですが、しっかりした物でした。どちらかというと、100均のラケットのような軽い物ではなく、YONEXやGOSENのような選手が使うラケットでした。
グリップは、あまり巻き直してないようでボロボロでした。

金曜の夜だったこともあり、混んでいてコートは全て使用されていました。
受付のおじさんに、交代で使ってと言われました。
コートの後ろにはベンチもあるので、そこで準備運動をしながら待っていました。

体育会の中央では、お菓子を売っていました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514032307j:plain
飲み物や、アイスキャンディーなどもありました。
水のサーバーもありますが、有料でした。

体育会の1番奥には、ジム卓球台もありました。誰も使っている気配はありませんでしたが、使用できるようです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514033237j:plain
残念ながら、卓球をやっている人もいなかったです。ラケットが借りられるのかも不明です。

体育会は思っていたよりも広くて、バドミントンコートは8面ありました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514033440j:plain
フィリピン人はかなり上手で、中級くらいの方が多かったです。中学生くらいの男の子もいて、とてもフォームが綺麗でした。しかも、ちょっとだけイケメンでした!笑

ベンチで待っていると、コートどうぞと声をかけてくれました。
私たちは遊びで行ってしまったため、羽根つき状態で、かなり浮いていたと思います。
それでもフィリピン人は、すごく優しくて日本人?とかどこの学校に通ってるの?と話しかけてくれます。

1点だけ気になったのは、小さい女の子が私たちのベンチの近くにずっといたことです。話しかけても何も答えず、試合を見ているわけでもなく、ただ私たちの側でじっとしているだけでした。
物取りかな?と思い、カバンは死守していました。こういったことはフィリピンならどこでもあり得るので、貴重品の管理には気を付けてくださいね。



2時間ほど遊び、最後に精算しました。私たちは6人で使用し、1人140ペソ(約320円)でした。
詳しい内訳がわかりませんが、人数を聞かれたので多分
(1人あたりの基本料金 × 人数) + シャトル代金
だと思います。ちなみに営業時間内であれば、何時間でも使えるそうです。

結構遊んで320円なので、やっぱりフィリピンは安いと思います。
リフレッシュできて、いい汗かけて満足でした。何より、友達と一緒に運動できるのって楽しいですよね。
雨の日でも楽しめるので、ぜひ使ってみてくださいね。


f:id:hitomi-fujinaka:20170514041425j:plain
POONA ZONE
住所 : M.L. Quezon National Highway, Lapu-Lapu City, Cebu, philippine
電話番号 : +63 32 342 0060
営業時間 : 8:00~22:00


セブ島で美味しいイタリアンが食べたくなったら

こんばんわ
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

今回も、セブ島の美味しかったレストランをご紹介しようと思います。
フィリピン料理ではなく、韓国人が経営するイタリアンです。笑
セブ島の留学期間が長いと、フィリピン料理にも飽きて、パスタが恋しくなったりします。美味しかったので、ぜひ参考にしていただければと思います。



こちらが、今回ご紹介するChef's BISTROの看板です。夜に行ったので写真が暗いですが。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512222521j:plain
場所は、マクタンのリゾート地の近くにあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170513153840j:plain
行き方は、MARIGONDON行きのジプニー1本で行くことができます。
看板が、進行方向の左手に見えるので、終点より手前で降りてください。リゾート地からは7ペソ(初乗り料金)で行くことができます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170513153847j:plain
こちらがお店の外観で、緑色の建物です。外観は、少し怪しい気がしますよね。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512222913j:plain
春に行ったのですが、クリスマスのような飾りで迎えてくれます。

お店の中は、カフェのような雰囲気で、かわいらしく作ってあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512223202j:plain

f:id:hitomi-fujinaka:20170512223227j:plain
お店に入ると、韓国人で賑わっていました。というより、私たち以外は韓国人しかいませんでした。

店員さんはフィリピン人もいますが、オーナーは韓国人のご夫婦です。そのため、料理のオーダーは英語と韓国語が可能です。私たちは、もちろん英語で注文しました。

まず最初に頼んだのは、リブポークです。写真がとても美味しそうに見えたので、注文しました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512223350j:plain
見た目通り、とても美味しかったです。付け合わせに、マッシュポテトが付いてきます。
まあまあ大きいので、大人数の際はぜひ注文してみてください。こちらは1500ペソなので、他の料理よりも少し値段がします。
切って欲しいと頼むと、カットして持ってきてくれます。

次に来たのが、チーズピザです。こちらも美味しくて、すぐになくなりました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512223623j:plain
ちなみに、注文してから料理が来るまで、とても早くて満足でした。
ガーリックピザも注文したのですが、写真を録り忘れました。こちらも美味しいと好評でした。

パスタも2種類オーダーしました。
まず1つ目は、トマトとナスのパスタです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512223739j:plain
貝は開いておらず、ただの飾りのようでした。
パンが添えてあるので、最後にトマトソースを付けて食べました。

そして、2つ目のパスタはカルボナーラです。
こちらが絶品で、私のおすすめです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512223813j:plain
カルボナーラというよりはクリーミーでしたが、とっても美味しくて感動でした。最後にパンの上に、ソースとマッシュルームをのせていただきました。
全員一致で、このカルボナーラが1番美味しいと言っていました。

セブ島でイタリアンが食べたくなった際には、ぜひ食べに来てみてくださいね。





f:id:hitomi-fujinaka:20170513161145j:plain
Chef's BISTRO
住所 : Sitio Masiwa, M.L. Quezen National Highway,, Lapu-Lapu City, 6015 Cebu, Philippine
電話番号 : +63 32 494 2475
営業時間 : 10:00~22:00



海を見ながらフィリピン料理を楽しめるレストランLantaw(ランタウ)

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

Floating native restaurant LANTAW(ランタウ)に行って来ました。海を見ながらフィリピン料理を楽しめる、とても有名なお店です。私もずっと気になっていたので、留学の最終日に行こうと決めていました。
今回はランタウへの行き方と、料理をご紹介します。ランタウは3店舗ありますが、私たちが行ったのはcordova店です。




今回、リゾート地に宿泊しているため、リゾート地からLANTAW cordova店までの行き方をご紹介します。

こちらの地図は、ランタウの場所です。マクタン空港やセブ市内からは、かなり離れた場所にあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512142437j:plain

まず、ランタウまで行くジプニーがありません。そのため、タクシーかトライシクルを使わなければ行けません。
私たちは途中のMARIGONDONまでジプニーに乗り、その後トライシクルに乗りました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512143204j:plain
リゾート地からMarigondonまではジプニーで7ペソ(初乗り料金)で行けます。

こちらがMaridongonの交差点です。トライシクルのおじさんが、すぐに声をかけてきます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512143909j:plain
2人で300ペソと言われましたが、交渉して2人で100ペソで連れて行ってもらいました。ちなみに100ペソだとかなりイヤな顔をされたり、断られたりします。渋滞している時間のため、1人150ペソが相場でしょう。私たちは他の乗客と乗り合いになったため、100ペソでOKしてもらえました。
トライシクルは窓がないため、マスクかタオルを持っていくと良いですよ。

私たちは最初、Marigondonの交差点でタクシーの予定でしたが、ここからだとなかなかつかまりません。すでにお客さんが乗っていることが多いです。
タクシーの場合は、リゾート地からランタウまで直接行くほうが良いです。1番早く着く方法ですが、ランタウまでは遠いため、料金は上乗せされると思います。また、メーターを使ってくださいとお願いしても断られます。

10人以上の大人数で行く場合は、貸し切りジプニーにすると良いですよ。1000~1700ペソくらいで貸し切りにできます。貸し切りにすると帰りも使えるため、往復を考えれば1番安い方法です。

ランタウが近づいてくると、Welcomeというゲートが見えてきます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511233839j:plain
トライシクルやタクシー等の乗り物は、このゲートより先には入れないそうで、ゲート前か駐車場で降ろされます。トライシクルに料金を払い、歩いてゲートの中へ進みます。
ちなみに行きは、全部で57ペソで来ることができました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234004j:plain
左手側には、駐車場とランタウの看板が見えてきます。
ランタウは他にも店舗があります。また、ショッピングモールの中には姉妹店もあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234040j:plain
駐車場からは、ランタウ行きの無料シャトルバスが出ています。足が悪い方や、高齢の方にも優しいサービスです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234118j:plain
少し距離はありますが、歩いて5分ほどなので、私たちは景色を見ながら歩きました。
ちょうど日が沈む時間だったので、普通の道でも綺麗に見えました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234241j:plain
時期にもよりますが、17時くらいに来ると夕焼けを見ることができます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234602j:plain
一本道を奥まで進むと、念願のランタウが見えてきます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234353j:plain
こちらがランタウの入り口です。
ゲートがすでに雰囲気が良くて、テンションが上がります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234440j:plain
ゲートをくぐり、橋を渡るとフローティングレストランがあります。
フローティングレストランと言いますが、実際は浮いているわけでわありませんでした。しっかり支えられているので、揺れたり怖いと思うこともありません。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234519j:plain
夕暮れ時や夜の時間帯は混みあうそうで、その時はこのイスで待つそうです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234637j:plain
私たちは金曜の夕方18時頃に着きましたが、そこまで混んではいませんでした。21時くらいには混んでいて、イスに座りきれないほど人がいました。橋まで人が並んでいた時間もあります。
夕方早めの来店が、混まなくておすすめです。

入り口すぐ横には、雰囲気の良い席もあります。多分、こちらは予約席だと思います。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234856j:plain

店内の奥にはテーブル席と、ソファ席がありました。席数はかなり多く、100席以上ある大きなレストランです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511235001j:plain
ソファ席は団体予約席で、中国人か韓国人の観光客が座っていることが多いです。ソファ席を予約すると、この観光客の近くになることもあるのでうるさいかもしれません。ただ、夕方過ぎると観光客が帰って静かだったので、夜ならソファ席はおすすめです。

私たちは予約していませんでしたが、海側の景色が綺麗な席をお願いし、座らせてもらいました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511235049j:plain
本当に景色が良くて、それだけで満足でした。レストランに来たのに、ずっと海の写真ばかり撮っていました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511235326j:plain
メニューはフィリピン料理で、かなり充分しています。どれも美味しそうで、色々頼みたくなります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511235718j:plain

マンゴージュースは、ビンで持ってきてくれるので雰囲気がでます。ただし、オーダーしてから持ってきてくれるまでに時間がかかるので、2杯目からがおすすめです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511235825j:plain

私が特に気に入ったのは、ココナッツの殻に入った白いスープです。名前はcordova expressセブ島の地名が入っています。もしかすると、cordova店のみの提供かもしれません。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511235846j:plain
写真が暗いのですが、見た目がおしゃれです。
イカやエビなどの海鮮と、パプリカなどの野菜が入った暖かいスープです。クリームではなく、あっさりとしていて少し甘いミルクのようなスープです。見た目も、味も良く、これだけ飲みに行きたいと思うくらい私のお気に入りです。

ホタテの上にチーズをのせて焼いたフィリピン料理です。ちょっとガーリックが強めですが、この組み合わせは間違いないです!!! スカロップ(英語でホタテ)と注文すればOKです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512000202j:plain

そして、フィリピン料理といえば、やっぱりレチョンは外せませんよね。レチョンはセブ島の料理だそうです。マニラやバギオから来るフィリピン人は、必ずレチョンを食べるそうです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512000511j:plain
ここのレチョンは柔らかくて、味付けも美味しいです。レチョンも種類があったので、他のものも試してみたかったです。私たちがオーダーしたのは柔らかいですが、皮がパリパリのKawali lechonもありました。

その他にも、パンシットカントンという、フィリピン風の焼きそばや、シグーという豚肉のそぼろ等のフィリピン料理を注文しました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512000625j:plain
シグーを注文する際は、ライスも一緒に注文すると良いですよ。ノーマルライスよりも、ガーリックライスのほうが美味しかったです。

他にも食べたい料理はたくさんありましたが、量も多いので食べられませんでした。ランタウは大人数で行くほうが、色々食べられるのでオススメです。
普通に注文すれば、1人400~800ペソ程で食べられます。

観光客が多いですが、私たちの隣はフィリピン人が2組いたので、地元でも人気のお店のようです。フィリピン人はとてもフレンドリーで、話しかけてきます。
20代の女の子2人組で、ハロハロだけを食べに来たそうです。私たちは食べるのを忘れましたが、ハロハロも美味しいみたいです。2人とも少し食べて、お持ち帰りにしていました。グラスに入ったハロハロのテイクアウトって、どう持ち帰るのか気になりましたが、店員さんが袋に詰め替えて持ってきました。
日本では見ることができない光景で、とても面白い体験ができました。フィリピン人の女の子と一緒に写真をとったり、facebookを交換したりしました。

ぜひ、セブ島へ来た際にはLANTAWへ行ってみてくださいね。


f:id:hitomi-fujinaka:20170512140110j:plain
LANTAW Floating native restaurant

住所 : Day-as Cordova Mactan, Cebu, Philippines
電話番号 : +63 32 514 2959
営業時間 : 午前10時~夜12時

セブ島留学で、あればよかった持ち物

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

セブ島で語学学校に通って、早くも1ヶ月が経過しました。もっと長くいたいと思える素敵な場所です。
さて今回は1ヶ月経過して、持ってきて良かったものと、現地購入がおすすめのもの、持ってくれば(買ってくれば)良かったものをご紹介します。

セブ島の持ち物リストもぜひ参考にご覧ください。




持ってきて良かったもの

航空券 ● パスポートのコピー

語学学校によって異なりますが、航空券のコピーを1度提出しました。
パスポートの入ったカバンを取られた人もいるので、コピーは別で保管するのがおすすめです。



現金 ● 海外ATMカード



現地で語学学校に支払う費用や、遊ぶお金が必要になります。セブ島留学の1ヶ月の費用も参考にどうぞ。



トイレットペーパー

語学学校や宿泊寮には備え付けがないため、持っていくのがお勧めです。滞在期間が長い方は、現地購入でも良いと思います。



スマートフォン

ロック解除されたスマートフォンがあれば、現地のSIMを入れ換えて使うことができます。




クリアファイル

コピー教材を貰うことが多かったため、あると良かったです。荷物にならない軽さなので、日本から持っていくほうがおすすめです。




メモリーカード

写真をたくさん撮るので、容量の大きいものが良かったです。私はかなり写真を撮るのですが、64Gあれば足りました。



タオル

ほぼ毎日海に行っていたので、ビーチ用のタオルが2枚ほどあれば良かったです。



水着



現地でも購入可能ですが、かわいい水着は売っていません。日本で購入するほうが断然かわいいし、サイズや質もしっかりしています。



海外対応ドライヤー

滞在期間が長ければ現地で購入しても良いと思いますが、クオリティは日本製に比べて劣ります。



コンタクトレンズ ● メガネ

現地でも購入可能だそうですが、不安なので持っていくほうがおすすめです。


サングラス

サングラスは必須です。現地でも購入可能ですが、到着してすぐに使いたいと思いました。日差しが強くて目が痛くなることがあります。



日焼け止め

海外製品は白くなることがあるので、日本製を持ってくるのがおすすめです。現地でも購入可能ですが、輸入品になるため値段が少し高いです。



常備薬

風邪薬、頭痛薬、胃腸薬、目薬は持っていくほうが良いです。語学学校でも薬はもらえますが、日本のものと効き目が違います。



使い捨てマスク

セブは排気ガスがひどいため必須でした。毎日使いましたが、特にジプニーに乗る時に使用しました。



生理用品 ● タンポン

生理用品は現地購入も可能ですが、海外製品は質が良くないと聞きます。また、日本製は輸入なので値段が高いです。
タンポンを使う方は必ず持って行きましょう。現地の方は使わないそうなので、どこの薬局にも売っていません!!!



シャンプー ● リンス

現地でも購入可能なので、到着してからの数日分だけ持って行くのがおすすめです。



変圧器

USBポートのついているものが、使いやすくてオススメです。



海外対応ヘアアイロン

現地購入も可能ですが、輸入税がかかり高くなってしまいます。湿気が多いため、意外と使います。荷物になるため、2wayタイプがおすすめです。



はさみ

はさみは結構使いました。普通のはさみと、眉毛用のはさみも忘れずに持っていくと良いでしょう。留学期間の長い方は、髪の毛用もあると良いですよ。



爪切り ● 爪やすり

2週間以上の人は伸びて気になってきます。ジェルネイルは現地でも可能ですが、日本製品のジェルオフは品質が違うため時間がかかるうえ、綺麗に落とせませんでした。爪やすりは必須です。



耳掻き ● 綿棒

海に行った後、綿棒を使いたいと思うことが多いです。数本持っていくと良いでしょう。





持ってくれば、買ってくれば良かったと後悔したもの

エストポーチ

スリが多いため、盗難防止用に小さいポーチがあると安心でした。みんなが持っていたのが地球の歩き方のポーチで、服の中に入れて使えるので便利でした。私は現地で購入してしまいましたが、安くはなかったです。



防水バッグ

海や滝ツアーへ行く時に必要でした。現地でも購入可能ですが、調べたら日本のほうが安かったです。



防水スマホケース

防水のスマホケースは必須です。海だけでなく、ジップラインなどのアクティビティにも使えます。現地にも売っていますが、クオリティはわかりません。スマホが壊れてしまっては意味がないので、日本での購入をおすすめします。


防水カメラ

Go-proでなくても、安い防水アクションカメラで充分使えました。1万円以内で購入できるので、こちらがおすすめです。



セブ島へ留学の際は、ぜひ参考にしてくださいね。

ジンベイザメ+ツマログの滝ツアー【予約方法から現地情報】

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です


セブシティの学校に通って英語を勉強しています。学校は平日のみのため、土日はビーチや島へ行ったりしています。

今回はセブ島に来たら必ず行っておきたいアクティビティーWheel shark watching (ジンベイザメ)Tumalog falls (ツマログの滝)ツアーを紹介します。
セブからオスロブまで自力で行く方法もありますが、ほとんど値段が変わらないのでツアーがおすすめです。ツアー予約方法から、お得な情報、ジンベイザメ ウォッチングの様子をご紹介します。




ツアー予約方法

まずはツアーを予約しましょう。予約は現地予約で、私が使った2パターンをご紹介します。

【お得な情報①】
日本から予約する方法もありますが、現地と比較するとおよそ2~3倍高い値段になります。現地にも日本語で予約できる会社があるので、そちらを使うほうが安く申し込みできます。


1. 現地のツアー代理店に直接予約
SMモールや、アヤラモールなどのショッピングモール内にツアー代理店が入っています。日本でいうH.I.SやJTBのような会社です。
ここで直接申し込みができます。日本語OKの代理店もありますが、英語のほうがスムーズです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170420103527j:plain
【お得な情報②】
代理店でディスカウントしてくださいとお願いしてみましょう!!!日本ではパックツアーの値引きはほとんど出来ませんし、言ったことないですよね? フィリピンではそれが出来ます!!!
私も、知り合いのお兄さんが値引きしてと頼んだ時には驚きました。しかし店員さんは普通に「この値段はどう?」と電卓で値引きした値段を見せてくれます。ぜひ言ってみましょう。


2. メールや電話で予約
英語が話せない私は、よくメールを使って予約します。代理店へ行くまでの交通費も浮くし、何かトラブルがあってもメールに残っていれば対処ができます。
デメリットとしてはwi-fisimカード等のネットワーク環境が必要なこと。いつ返信が返ってくるかわからないため、前日や直前は申し込みが間に合わないこともあります。
私はいつも同じ文章を、3社くらいに送って値段比較してから予約しています。代理店に3社も行くと時間もかかるので、値段比較するならメールがおすすめです。

【お得な情報③】
ツアー予約の際人数が多いと値引きしてくれます。ほとんどの会社が10人以上でディスカウントしてくれます。出来れば10人集めて、メールで人数を伝えましょう。
また、1人増える毎に交渉しても値引きしてくれます。

予約時に必要なこと

会社によりますが、代理店の予約時にメンバーの名前(パスポートと同じ名前)が必要でした。
また、基本的には前払いのためツアー代金も必要です。
メールで予約したときは、前日にデポジット(ツアー代金の半額)を支払いました。学校までバイクで取りに来てくれます。※領収証をくれるので、忘れずに受けとりましょう。

予約が出来たら、いよいよジンベイザメツアーへ出発です!




ツアー出発

朝、ピックアップ場所までバスかバンが来てくれます。私たちはお兄さんがバスを予約してくれたので、観光バスを10人でゆったり使いました。セブシティからオスロブまでは約3時間くらいです。
道が悪く、かなり揺れるので酔いやすい人は薬を飲んでいくのがおすすめです。

【お得な情報⑤】
セブシティからオスロブまでの間に、ジョリビーマクドナルドもあります。ドライバーにお願いしておくと途中で寄ってくれますよ。ただし、オスロブ付近にはお店がないので、最初に言わなければ寄るのは難しいです。

Wheel Shark Watching

到着すると、まずは説明を聞きます。 全て英語で説明されますが、日本語の説明文を手渡されます。また、絵や写真で注意事項も書いてあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170423101241j:plain
特に注意することは故意にジンベイザメに触ると罰金ということです。罰金の金額は3000Php(およそ6500円)です。ジンベイザメから触れてきた(当たった)場合は罰金はありません。
それから、日焼け止めも禁止なので塗らないようにしましょう。

普通に泳いだり写真を撮ったりしていれば、罰金にはなりません。楽しんでジンベイザメと泳ぎましょう。

説明を聞いたらライフジャケットを渡されます。それを着て船に乗ります。
船は小さくて、10人が乗れるくらいです。天候によっては、かなり揺れるので酔い止めを飲んでから乗る人もいます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170413153618j:plain
現地のおじさんが船からエサをまいて、ジンベイザメを誘き寄せています。

ジンベイザメがいるスポットまで行くと、すぐに海に入れと言われます。
【お得な情報⑥】
説明ではライフジャケット着用と書いてありますが、ガイドさんからも現地のおじさんからも脱いでいいと言われます!
泳げる方は、ライフジャケットを脱いで潜ってみてください。潜ったほうが、ジンベイザメとのいい写真がとれますよ。

最初はサメなので少し怖いですが、ジンベイザメの顔をよく見るとかわいいです!
f:id:hitomi-fujinaka:20170413121447j:plain
船のおじさんたちが、ジンベイザメと一緒に写真をとってくれます。防水カメラや防水の携帯カバーがあれば、持っていくといいですよ。
f:id:hitomi-fujinaka:20170507005728j:plain

30分ほど一緒に泳いだら、船で戻ります。エサの匂いで海が臭いので、30分がちょうどいいくらいでした。

船の上から監視員が見ていて、ジンベイザメに触れて実際に罰金になった人もいます。沖に戻ると罰金を告げられます。絶対に自分からは触らないようにしましょう。

【お得な情報④】
お得なのかわかりませんが。笑
もし! 万が一! 罰金になってしまった場合。触ってない、ジンベイザメから触れてきたと言いましょう。罰金を免れるのは難しいと思いますが、減額してくれることがあります。
あるいは3000Php持っていないと言って、値引き交渉してみましょう。知り合いは2500Phpになりました。



ジンベイザメと泳いだ後は、BBQランチがツアーについています。ドリンクも1杯無料でした。※申し込みツアーによって異なります

少し時間をくれたので、ビーチや地元の人がやっているお土産屋さんを見たりしました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170423103629j:plain
お土産は少し高い気がしましたが、値段交渉にも対応してくれます。T-シャツやカバン、ご飯などが売っていました。

Tumalog falls

再度バスに乗って、ツマログの滝へ行きます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170413121403j:plain
滝の看板近くにバスを停めて、滝まではバイクで行きます。細い坂道をバイクの後ろに乗って走ります。ツアーによってはバイク料金が含まれていないことがあるので確認しておきましょう。バイクは往復で50Phpです。歩いても行けますが、かなり坂道が厳しいです!素直にバイクに乗ることをおすすめします。
私はかなり怖くて「速い!速い!」と叫びたかったのですが「Fast! Fast!」と叫んで誰よりも早く滝に到着しました。これ「速く!速く!」て意味だったんですね。勉強になりました。笑

さて、ツマログの滝の前にキレイな池?がありました。水の色が本当にキレイで絵になります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170413121319j:plain
奥へ進むとツマログの滝が見えてきます。


f:id:hitomi-fujinaka:20170423104241j:plain

f:id:hitomi-fujinaka:20170423104302j:plain

写真で伝わらないかもしれませんが、本当にキレイです!ツマログの滝では、みんな泳いでいました。水がかなり冷たいですが、泳ぐと気持ちいいし楽しいです。
外人が多く、テンションが上がってカナダ人と話して写真をとりました。寒くて長居は出来ませんが、20分ほど遊びました。

滝から、またバイクで戻ります。帰りは叫ばず乗りました。
バイクを降りると、焼きバナナやココナッツを売っていました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170413121503j:plain
ココナッツジュースは注文してから切って、ストローをさしてくれます。見ているだけでも楽しめます。
【お得な情報⑦】
お土産やご飯が至るところに売っているので、お金を少し持っていくといいでしょう。持っていく際は、ジップロックに入れて持っていくのがおすすめです。


帰りはまたバスに乗り、3時間ほどでセブシティへ帰ってきます。帰りは夕方のため、渋滞に巻き込まれることが多いです。
みんな泳いではしゃいで帰りは、ぐったりして寝ています。

ジンベイザメとツマログの滝ツアーはとにかく楽しいです! セブ島に来たらぜひ体験してみてくださいね。



セブ島留学へ出発してから1週間の英語レベル

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。


セブ島の語学学校へ出発しました。
TOEIC200点で旅立ちましたが、学校の生活はどうなのか、生活していけるのかなど、記録しておこうかと思います。
きっと同じ状況の人もいるはず!!!

f:id:hitomi-fujinaka:20170408091957j:plain

出発日

出発前にスーツケースのベルトの番号がわからなくなり、開けられなくなりました。私のようにならないよう、前日には確認するように気を付けてくださいね。

LCCの預け入れ荷物は20kgまでですが、20.3kgでも超過料金なしで受け取ってもらえました。そのくらいの超過なら大丈夫そうです。

ひとりで旅立つのは始めてで、空港は不安だらけでしたが、なんとか出国審査をスルーして飛行機に乗れました!

LCCなので座席わ狭かったですが、数時間なら問題ないくらいでした。

途中でCAさんが笑いながらアナウンスしていてRed ballpenという単語だけ聞き取れました。が、何のことか全くわからず終わりました。英語勉強したら、いつか英語のアナウンスもわかる日がくるのかな?




初日(レベル分けテスト)

初日は英語のテストがありました。Speaking, Listening, Writingのテストで、TOEICの問題のような内容でした。

まずSpeakingでは自分のことについて聞かれました。

  • What is your name?
  • Where are you from?
  • What do you do in Japan?

さすがに名前、出身は言えました。しかしwhat do you do?を勘違いしていて答えられず。日本での仕事は何をしているか聞いてたんですね。知らなかったです。
また、他にも質問されましたが聞き取れずに終わりました。とにかくリスニングが出来ず、問題文がわからず何も言えませんでした。

そして結果は当然のレベル1です。初級です。


授業初日

マンツーマンクラスはすごく狭い個室で行います。机1つとイスが2つあるだけの部屋で、先生と対面して座ります。
まずは自己紹介から始めます。どの先生もフィリピン人で、明るくいい人ばかりです。私の場合、英語が聞き取れず何回もone moreと言って説明してもらいました。それでも全く嫌な顔せず教えてくれます。

グループクラスは4~5人の生徒と先生が1人です。
ほとんどの生徒が日本人です。他の国の人たちは、中級の人が多いです。自分のレベルが初級の人は、学校選びの際に国籍を考える必要はないと思いました。中級の人は日本人ばかりの学校よりも、多国籍を選ぶほうが勉強になると思います。
セブの学校の選び方も参考にしてください。


1週間経過

正直な感想としては、疲れたです。
英語の授業を毎日50分 × 7時間受けました。高校の授業を朝から全て英語で受けるようなものです。説明も英語なので余計に混乱します。

しかし、リスニングが少しずつできてきました。耳が慣れてきて、初日に比べると先生が言っていることがわかってきました。まだ1週間ですが、学校に通った成果はでてると思います。

1ヶ月(4週間)通って英語レベルがどこまで上がるのか、次回書いていきます。



ワーホリに持っていった服(オーストラリア編)

ワーキングホリデーに持っていった服まとめ(オーストラリア編)

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。



オーストラリアのワーキングホリデーに持っていった服をご紹介します。ご紹介するのは、Lサイズのキャリーバッグで持っていった量です。この量でオーストラリアの1年間を過ごしました。




アウター

  • ジャケット ×2
  • 薄手のジャケット ×1

トップス

  • 半袖T-シャツ ×8
  • 長袖T-シャツ ×5
  • シャツ ×1
  • カーディガン・パーカー(羽織り) ×3
  • ニット ×2

パンツ

  • Gパン ×3
  • ショートパンツ ×3
  • スキニー ×2

ワンピース

  • ワンピース ×2
  • ドレス ×1
  • オールインワン ×1

インナー

シューズ

  • サンダル ×1
  • パンプス ×2
  • スニーカー ×1
  • ビーチサンダル ×1

その他

  • 水着
  • 寝巻き用T-シャツ ×3
  • 寝巻き用ズボン ×3
  • スーツ(上下) ×1