TOEIC200点の女が海外ひとり旅した結果

机に向かって勉強はできない。とりあえず海外へ行ってみる。

セブ島留学 1ヶ月で使った金額【セブ市内】

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

先月は色々と忙しくて、ブログ更新ができていませんでした。実はすでにオーストラリアで、ワーキングホリデーをはじめています。
オーストラリアの生活をはじめてバタバタしていて、また後日こちらも記事にしようと思います。

さて、今回はセブ島留学のまとめです。
1ヶ月のセブ島留学で、いくら使ったのか計算してみました。私の場合は、セブ市内とリゾート地の両方に1ヶ月づつ住んでいました。
セブ島現地での生活費を計算しているブログが、なかなか見当たらなかったので、これからセブ島留学へ行く方の参考になれば嬉しいです。



留学前に日本から支払った費用については、こちらもどうぞ。


セブ市内で1ヶ月に使った金額

語学学校 : 3D ACADEMY
留学期間 : 4週間
部屋タイプ : 3人部屋

留学最初は、セブ市内からスタートでした。
人によって遊び方が異なるので、私がどのような生活をしていたのか簡単に記述します。

  • 移動はタクシーを使用
  • 朝と昼は学食、夜はほとんど外食
  • 平日の夜はショッピングモールで買い物
  • 週末は以下の旅行ツアーに参加

f:id:hitomi-fujinaka:20170718005008j:plain

レートは私が両替した金額で計算しています。平均0.38255です。

現地で1ヶ月に使った金額は¥79,620でした。


次回、セブ島リゾート地区の1ヶ月に使った金額も計算します。


定番じゃない!セブ島のお土産

お久しぶりです。
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

今回は、セブ島のお土産をご紹介したいと思います。
セブといえば多くの方はドライマンゴーやオタップ等を購入しています。しかし、定番すぎてかぶってしまうことが多いです。
ここでは、同じマンゴー商品でも定番ではないセブ島のお土産をご紹介したいと思います。
特にドライマンゴーよりも安くて配りやすいお土産をよく購入するので、ご紹介したいと思います。


マンゴーボール

f:id:hitomi-fujinaka:20170614135129j:plain
ドライマンゴーの売り場に並んでいます。ドライマンゴーを丸くしたようなかんじです。
飴のように小分けの袋に入っているので、大人数の方に配りやすいです。味はドライマンゴーに近いですが、ドライマンゴーよりも安く購入できます。


マンゴージュース

f:id:hitomi-fujinaka:20170612232105j:plain
10パック入って58ペソです。ストローも入っています。
10パック入っているので、配りやすいです。特に子供がいる方に喜ばれました。


マンゴージュースの粉

液体だと重くて荷物になるので、粉末タイプもおすすめです。
水に溶けるので、夏に作って冷やしても美味しいですよ。


セブ トートバッグ

f:id:hitomi-fujinaka:20170612233054j:plain
軽くてかさばらないので、荷物になりません。こちらはSMモールに売っていたもので、299ペソでした。時期によって色々なデザインがあるので、かわいいデザインを探すのも楽しいですよ。


T-シャツ

f:id:hitomi-fujinaka:20170612233346j:plain
CEBUの文字が入ったT-シャツも可愛くて人気です。
自分用にも何枚か購入しました。



Lucky meのインスタントラーメン

f:id:hitomi-fujinaka:20170616225408j:plain
日清ラーメンがセブ島でも売られていますが、Lucky meはフィリピンの商品です。
味はチキン、ビーフ、スパイシーがありました。私のオススメはチキンですが、安いので食べ比べてみても面白いと思います。


goldilocksのPolvoron(ポルボロン)

f:id:hitomi-fujinaka:20170612233716j:plain
友達に買ってきてと、頼まれて購入しました。フィリピンの伝統的なお菓子です。
ポルボロンは、粉末を固めて作ったクッキーのようなお菓子です。
マンゴーやバニラ、チョコ、タロ芋など色々な味があるので食べ比べても面白いですよ。


マンゴープディング

f:id:hitomi-fujinaka:20170612231044j:plain
こちらが、私の1番のおすすめです!
日本でもよく売られている、小さいフルーツゼリーのような形です。1つ1つ容器に入っているので、配りやすいです。
しかもなんと!こちら15ペソと格安なんです!
ドライマンゴーだと安くても40ペソくらいなので、半額以外で購入できます。
味も美味しいですよ。
私は、いつもこれをお土産にしています。



セブ島(マクタン●リゾート)のチキンが美味しいお店

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

最近、韓国人とよく飲みに行っています。その中で、韓国人がよく行く、マクタンの韓国居酒屋をご紹介したいと思います。
夜遅くまで空いているので、夜中の飛行機を待つ時にも使えますよ。



お店は、BBQ Chicken & Beerという名前です。
f:id:hitomi-fujinaka:20170529120955j:plain

場所はJpark Islandというホテルの向かい側にあります。

ジプニーで行く際は、MARIGONDON(マリゴンドン)かMARIBAGO(マリバゴ)行きに乗ります。
運転手さんにJpark Island Hotelと伝えると、そこで教えてくれます。

f:id:hitomi-fujinaka:20170529122249j:plain
お店でwi-fiも使えます。
スタッフにパスワードを聞くと、教えてくれますよ。
スタッフは韓国人はおらず、全員フィリピン人でした。

メニューはチキンだけでなく、パスタやピザ、ハンバーガー、サラダなど色々ありました。もちろん韓国料理もあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170529122432j:plain

メインはやはりチキンなので、私たちは毎回チキンとビールを注文します。
f:id:hitomi-fujinaka:20170529122440j:plain

ビール、ソジュ(韓国のお酒)はありますが、なぜかカクテルはいつ行っても売り切れと言われました。


こちらがお通しです。味はあまりないですが、ちょっとクセになるスナックです。
上手く説明できませんが、ぜひご賞味ください。なぜか手を伸ばしてしまいます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170529122538j:plain
普通の韓国料理屋は、必ずお通しでキムチを持ってきますが、こちらのお店ではキムチがなかったです。
辛いものが苦手な方でも、ここの韓国居酒屋なら安心して食べられると思います。


こちらは、オリジナル チキンです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170529122832j:plain
セブ島で美味しいチキンが食べたくなったら、こちらのお店がオススメです。本当に美味しいです。
チキンの量がすごく多いので、4人以上がベストだと思います。


韓国料理なので、もちろんスパイシーチキンもありました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170529123003j:plain
普通のチキンも美味しいですが、私のオススメはスパイシーです。日本人でも食べられる辛さです。味付けが甘辛で、とても美味しいですよ。


韓国人に注文を任せたら、おでんを注文してくれました。暑いのになぜ?と思いましたが、食べたら美味しいです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170529123145j:plain
おでんは、日本の味とは少し違いました。見た目と違って、少しだけ辛いです。


韓国人と来店すると、必ずゲームをはじめます。これは私の友達だけでなく、韓国人みんな飲むとゲームをするそうです。
そして、負けると罰ゲームでお酒を飲みます。
韓国人はかなりお酒強いので、一緒に飲む時は飲み方に気をつけてくださいね。



f:id:hitomi-fujinaka:20170529120424j:plain

BBQ Chicken & Beer

住所 : Shangs Island Town Center, Datag, Maribago, Lapu-Lapu City, 6015 Cebu, Philippins



50ペソで遊べるハドサンビーチ(セブ島)

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

セブ島で、安く遊べるビーチを教えてもらいました。今日は、そのビーチをご紹介しようと思います。
マクタンのリゾート地区には、ホテルのプールやビーチがたくさんあります。しかし、300~1000ペソと値段が高いです。
ご紹介するビーチは、なんと50ペソ(約130円)で利用できますよ!



場所はMACTAN(マクタン)のMARIBAGO(マリバゴ)にあります。
ジプニーで来る方は、マリバゴ行きに乗ってくださいね。

ジプニーでJpark Islandというホテルを通り越し、もう少し進みます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170524112014j:plain

私たちはお酒を購入したかったので、ここで降りました。Jpark Islandの向かい側に、メトロというスーパーマーケットがあります。
もし、何か購入したいものがあれば、メトロが1番近いスーパーになります。

進行方向の左手側に、HADSAN BEACHの看板が見えます。
ここで、ジプニーを降りてください。
f:id:hitomi-fujinaka:20170522144211j:plain
この道を、左へ進みます。

ジプニーや車も通る道なので、気をつけて歩いてくださいね。
f:id:hitomi-fujinaka:20170524112247j:plain
歩いて10分程度です。歩きたくない方は、トライシクルかバイクタクシーで行くと良いですよ。

右側に料金所と駐車場が見えたら、そこでビーチの使用料金を支払います。
料金は1人50ペソです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170524113304j:plain

矢印の方向へ進み、駐車場のほうへ歩いていきます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170524113834j:plain
なかなかビーチが見えず、長い駐車場が続きますが、これを突き進んでください。

奥まで進むと、ようやくハドサンビーチが見えてきます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170524113930j:plain
小さいビーチですが、マクタンの中では綺麗なビーチです。

ロッカーはありませんが、荷物は隣のホテルロビーで預かってもらえます。1回100ペソでした。
ビーチの使用料金よりも高くなってしまうので、荷物はあまり持ってこないほうが良いかもしれません。

ハドサンビーチは広くはないですが、泳げるビーチです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170526110225j:plain
地元民も遊びに来ていて、とてもフレンドリーに話しかけてくれます。
写真をとったり、Facebookを交換したりしました。

売店はありませんでしたが、奥へ行くとレストランがありました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170526110721j:plain
私たちは行っていませんが、フローティングレストランだったので、景色が綺麗だと思います。

ビーチでのアクティビティも可能です。
f:id:hitomi-fujinaka:20170526111211j:plain
到着してすぐ、アクティビティの勧誘を受けました。おじさんが料金表を持って、声をかけてきます。
パラセイリングや、ジェットスキーなどができます。

駐車場の横に、子供用プールもあります。年齢は、12歳以下のお子さま用です。
ご家族でも安心して遊べますね。

ハドサンビーチは、安く遊べるビーチです。
ぜひ友達、ご家族で遊びに行ってみてくださいね。



f:id:hitomi-fujinaka:20170526110956j:plain
HADSAN BEACH (ハドサンビーチ)
住所 : Agus,Lapu-Lapu City, Cebu, philippine
電話番号 : +66 032 495 2056
営業時間 : 7:00~18:00


セブ市内でゆっくりできるカフェ

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

セブ島のレストランを色々と紹介してきましたが、本日はかわいいカフェをご紹介したいと思います。
そんなに人が多くない、ゆっくりできる穴場カフェです。



前回、美味しいお寿司の日本食レストランAZABUをご紹介しました。カフェは、そのレストランのすぐ近くにあります。
カフェの場所については、AZABUの記事をご覧ください。

カフェの名前は、COUNTRY BASKET(カントリーバスケット)といいます。

こちらが外観です。
f:id:hitomi-fujinaka:20170522141628j:plain
外から店内が見えるようになっています。2階建てになっていて、1階で注文、2階で召し上がれます。

カフェに入るとすぐ、美味しそうなメレンゲやクッキーが綺麗に並べられていました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170522141843j:plain
かわいいので見ているだけでも、すでに満足です。

奥にはショーケースがあります。ケーキやカップケーキが売られています。
f:id:hitomi-fujinaka:20170522141739j:plain
スタッフは、フィリピン人の女の子2人でした。笑顔がかわいくて、接客も親切でした。

私はコーヒーを注文しました。種類により値段は異なりますが、こちらは75ペソ(約190円)でした。
f:id:hitomi-fujinaka:20170522141807j:plain
コーヒーも普通に美味しいです。

店内はカラフルだけど、派手ではない明るさです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170522141824j:plain
小さいお店なので、2~3人くらいの少人数で来るのがおすすめです。

帰りにカップケーキを購入しました。とにかく可愛くて、そして美味しいです。BOXもすごく可愛くて、持って歩くと目立ちました。

先生に、ここのカップケーキを買っていったら、とても喜ばれました。
CUTE!!!といって、みんな写真を撮ってInstagramにあげてくれました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170522141912j:plain
自分用にも、お土産にもおすすめですよ。

セブシティでゆっくりしたいと思った時は、ぜひこちらのカフェに寄ってみてくださいね。



f:id:hitomi-fujinaka:20170522141701j:plain

COUNTRY BASKET Pastries&More

住所 : Gorordo Ave, Cebu City, 6000 Cebu, Philippine
電話番号 : +63 32 414 0833
営業時間 : 10:30~23:30


セブ島でお寿司が食べたくなったら、日本食レストランAZABU(麻布)がおすすめ

Hi, this is Hitomi Fujinaka.
どうも、こんにちは!
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

フィリピン留学中なのですが、やっぱり日本食が恋しくなってきました。
特に、お寿司がどうしても食べたい!ということで、セブ島にある日本食レストランへ行ってきました。
今回は、セブ島の中でも美味しい日本食レストランをご紹介します。



ご紹介するのは、AZABU 麻布というお店です。名前がなんとなく、高そうですよね。
現地のフィリピン人も、美味しいと言っているレストランです。

場所はセブ市内にあります。ITパークからJY square(JYスクエア)の方向へ歩いて、10~15分ほどです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515151420j:plain

JYスクエアまで歩いたら、マクドナルドのほうへ進みます。Jollibee(ジョリビー)の向かいの道路を渡ります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515151517j:plain
こちらは交通量が多いのに信号がないので、渡る時は気を付けてくださいね。

カフェと薬局が見えたら、その奥にAZABUがあります。ホテルの入り口の手前です。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515151734j:plain
外観は、とても高級そうな雰囲気です。

内装も落ち着いていて、なんだか日本に帰ってきたみたいです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515152324j:plain
カウンター席と、テーブル席があります。

メニューの種類も豊富で、とても迷います。 一品料理や、御膳、コース料理などがありました。
メニューは、英語と日本語で書いてあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515153327j:plain
店員さんはフィリピン人ですが、多少の日本語はわかってくれました。

鉄板焼とお寿司が、メインのレストランだそうです。カウンター席の目の前で、鉄板ステーキを焼いてくれるそうです。

鉄板ステーキを見たかったですが、今回は念願の、お寿司御膳にしました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515153515j:plain
めちゃくちゃ美味しくて、日本で食べるお寿司のようでした。

カリフォルニアロールは、海外というかんじがしますが、美味しかったです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515153816j:plain

こちらは友達が注文した、天丼です。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515154426j:plain
衣がサクサクしていて、クオリティーが高いです。

お味噌汁も、日本の味でした。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515154345j:plain

最後に、デザートも付いていました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515154823j:plain
こちらのコーヒーゼリーも、美味しいです。

ミネラルウォーターを頼むと、お店のロゴが入ったボトルで出てきました。
このボトルかわいいし、使いやすそうだったので、お持ち帰りしました。持ち帰っても大丈夫だよと言ってくれたので、語学学校で使っています。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515162313j:plain

あまりに美味しくて、食べることに夢中でした。全てに美味しいと書いていますが、本当に!本当に!美味しかったです!!!



お寿司があまりにも気に入ったため、別日にもう1度行ってしまいました。今度はランチで行きました。

ランチタイムに行くと、ランチメニューもありますよ。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515152315j:plain

今度はSushi combination(寿司コンビネーション)にしました。

まず、小鉢が来ました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515154208j:plain
こちらの小鉢も、日本の味のようで美味しいです。

ランチにも、お味噌汁が付きました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170515154315j:plain

そしてお寿司!!!
f:id:hitomi-fujinaka:20170515155115j:plain
2回目ですが、本当に美味しかったです!!!
玉子焼きも、ちゃんと日本のような玉子焼きでした。

暖かいお茶をお願いすると、持ってきてくれました。緑茶ではなく、烏龍茶のようなかんじでしたが、満足でした。
ここはオーナーが日本人だそうで、ちゃんとした日本の味付けでした。刺身も安心して食べられます。

メニューによりますが、お寿司は1000円ほどでした。フィリピン人からすると、かなり高いお店のようです。
本当に美味しかったので、日本人はこの値段でも安いと感じます。次は鉄板焼も食べに行きたい!と思っています。鉄板焼も食べたら、またこちらでご紹介しますね。

AZABUの後、すぐ近くのカフェに行きました。そちらも良かったので、後日紹介しますね。



f:id:hitomi-fujinaka:20170515153230j:plain
AZABU
住所 : Unit 3, JY Square Prestigio, Gorordo Avenue Corner Sanson Road, Cebu Cuty, 6000 Cebu, philippine
電話番号 : +63 32 239 6849
営業時間 : 11:00~14:00 / 17: 00~23:00


セブ島のセブンイレブンは日本とココが違う

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

本日は、セブ島コンビニをご紹介します。
日本ほど沢山あるわけではありませんが、街中には所々コンビニがあります。日本と同じ点もあれば、違う点もあります。今回はセブ島で1番多い、セブンイレブンをご紹介したいと思います。



外装は、日本のセブンイレブンと全く同じです。馴染みのある色ですよね。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514054513j:plain
まず始めに、日本と違うところはドアです。自動ドアではなく、扉なのですが結構重いです。多分、防犯のために重くしているのだと思います。

スーパーやショッピングモール、薬局でも、セブ島で自動ドアは見たことがありません。必ずドアの前にガードマンが立っていてドアを開けてくれます。このあたりは治安の問題ですね。
ちなみにセブンイレブンにも、ガードマンがいます。

商品は日本のように、しっかり陳列されています。
コーヒーの粉MILOの粉が多いです。フィリピン人はMILOをミロではなく、マイロと呼んでいます。そして、この粉を溶かさずに、そのまま食べることもあるそうです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514055642j:plain

サンドウィッチご飯紙パックのドリンクなども売っています。このあたりは日本と同じですね。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514055843j:plain

ペットボトルのドリンクも日本と同様、しっかり冷蔵されています。
緑茶も売っているので、飲みたくなったらセブンイレブンへ来れば購入できますよ。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514055922j:plain

コーヒーマシンがあり、コーヒーも購入することができます。
スモールサイズが20ペソ(約50円)、大きいサイズでも39ペソ(約100円)と、かなり安いです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514060035j:plain
ただし、ホットコーヒーの販売しかありません。暑いセブ島では、なかなかホットコーヒーを試す機会はありませんでした。

アイスコーヒーはありませんが、冷たいドリンクは販売しています。
コーラリプトン レモンティーファンタ オレンジなどが売っていました。
こちらは18ペソ(約45円)からと安すぎます。しかも、コーヒーのビッグサイズより大きなカップです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514060449j:plain
販売しているジュースの種類は、店舗によって異なります。

フルーツジュースもあります。味はパイナップルマンゴーフルーツミックスなどが販売されています。22ペソ(約55円)なので、こちらも安いです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514062325j:plain
ただし、どこの店舗でも機械が壊れていたり、ジュースが売り切れ(補充していない)ことが多いです。お客さんが言ってから、ようやく補充したりします。補充しないまま放置というのは、日本とは違う点ですね。

シャーベットもあります。これは日本では見かけませんよね。ハロハロを作ることもできるそうです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514060611j:plain

mister Donutが売られていることに驚きました。
チョコレートは暑さで少し溶けていましたが、見た目はどれも美味しそうでした。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514060903j:plain
f:id:hitomi-fujinaka:20170514060829j:plain

軽食もあります。機械の中にパンソーセージが入っています。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514060952j:plain
ソーセージをパンに挟み、ホットドッグにして、専用のペーパーに包みます。全てセルフで作り、レジへ持っていきます。
日本だと、店員さんがレジから渡してくれますよね。ケチャップは、レジで受け取れます。
ちなみに、味は普通でしたよ。

肉まんも販売しています。こちらも同様、自分でレジへ持っていきます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514061338j:plain
フィリピンの味なので、どれが何味かわかりませんでした。見つけた際は、ぜひ試してみてくださいね。

他にもカップラーメンアイスクリームお酒お菓子など売っています。日本とあまりかわりませんね。

セブンイレブンガードマンを見つけました。
彼が座っているのは、アイスクリームのケースの上です。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514061409j:plain
この光景は、日本では見ることができませんよね。写真を撮っても何も言われないですし、降りる気配もありませんでした。笑

機械が壊れていたり、セルフサービスが多かったり、商品ケースの上に座ったり、やっぱり海外だなと思う点はありました。そして、日本のクオリティーの高さを再確認できました。
海外のコンビニって面白いですよね。また面白い物を見つけて、ご紹介できれば良いなと思います。


セブ島でバドミントンができる場所(マクタン地区)

こんばんわ
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

私は現在、英語を勉強するため、セブ島で語学留学をしています。語学学校では、高校のような時間割りで勉強しています。
頭も体も英語疲れしてしまったので、今回はリフレッシュしたくてバドミントンをやることにしました。 なぜバドミントンかというと、実はフィリピンでバドミントンが盛んなようです。
今回はバドミントンの体育会までの行き方、体育会の様子をご紹介します。



今回、私たちが行ったのはPOONA ZONEというバドミントン体育会です。
場所はマクタン地区で、空港から近い場所にあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514031252j:plain

ガイサノ アイランドモール マクタンから、歩いて5分かからない場所にあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514031418j:plain
ガイサノまでは、ジプニーで行くことができます。ちなみに、リゾート地からガイサノは、ジプニーで12ペソ(約28円)で行くことができます。

ガイサノの入り口から左へ、マクドナルド方向へ進みます。
真っ直ぐ進むと、こちらの看板が見えてきます。なぜか2つあり、夜でも光っているので見つけやすいです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170513181808j:plain
この看板のすぐ左に、駐車場があります。駐車場には街灯がなく、夜遅いと少し怖いです。
駐車場の奥へ進むと、体育会が見えて来ます。

体育会へ入って、すぐ左手に受付があります。こちらで、ラケットシャトル(羽根)を借りることができます。シャトルは消耗品のため、購入になります。
私たちは6人で行って、ラケット4本を借り、シャトル2つを購入しました。

ラケットはかなりボロいですが、しっかりした物でした。どちらかというと、100均のラケットのような軽い物ではなく、YONEXやGOSENのような選手が使うラケットでした。
グリップは、あまり巻き直してないようでボロボロでした。

金曜の夜だったこともあり、混んでいてコートは全て使用されていました。
受付のおじさんに、交代で使ってと言われました。
コートの後ろにはベンチもあるので、そこで準備運動をしながら待っていました。

体育会の中央では、お菓子を売っていました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514032307j:plain
飲み物や、アイスキャンディーなどもありました。
水のサーバーもありますが、有料でした。

体育会の1番奥には、ジム卓球台もありました。誰も使っている気配はありませんでしたが、使用できるようです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514033237j:plain
残念ながら、卓球をやっている人もいなかったです。ラケットが借りられるのかも不明です。

体育会は思っていたよりも広くて、バドミントンコートは8面ありました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170514033440j:plain
フィリピン人はかなり上手で、中級くらいの方が多かったです。中学生くらいの男の子もいて、とてもフォームが綺麗でした。しかも、ちょっとだけイケメンでした!笑

ベンチで待っていると、コートどうぞと声をかけてくれました。
私たちは遊びで行ってしまったため、羽根つき状態で、かなり浮いていたと思います。
それでもフィリピン人は、すごく優しくて日本人?とかどこの学校に通ってるの?と話しかけてくれます。

1点だけ気になったのは、小さい女の子が私たちのベンチの近くにずっといたことです。話しかけても何も答えず、試合を見ているわけでもなく、ただ私たちの側でじっとしているだけでした。
物取りかな?と思い、カバンは死守していました。こういったことはフィリピンならどこでもあり得るので、貴重品の管理には気を付けてくださいね。



2時間ほど遊び、最後に精算しました。私たちは6人で使用し、1人140ペソ(約320円)でした。
詳しい内訳がわかりませんが、人数を聞かれたので多分
(1人あたりの基本料金 × 人数) + シャトル代金
だと思います。ちなみに営業時間内であれば、何時間でも使えるそうです。

結構遊んで320円なので、やっぱりフィリピンは安いと思います。
リフレッシュできて、いい汗かけて満足でした。何より、友達と一緒に運動できるのって楽しいですよね。
雨の日でも楽しめるので、ぜひ使ってみてくださいね。


f:id:hitomi-fujinaka:20170514041425j:plain
POONA ZONE
住所 : M.L. Quezon National Highway, Lapu-Lapu City, Cebu, philippine
電話番号 : +63 32 342 0060
営業時間 : 8:00~22:00


セブ島で美味しいイタリアンが食べたくなったら

こんばんわ
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

今回も、セブ島の美味しかったレストランをご紹介しようと思います。
フィリピン料理ではなく、韓国人が経営するイタリアンです。笑
セブ島の留学期間が長いと、フィリピン料理にも飽きて、パスタが恋しくなったりします。美味しかったので、ぜひ参考にしていただければと思います。



こちらが、今回ご紹介するChef's BISTROの看板です。夜に行ったので写真が暗いですが。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512222521j:plain
場所は、マクタンのリゾート地の近くにあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170513153840j:plain
行き方は、MARIGONDON行きのジプニー1本で行くことができます。
看板が、進行方向の左手に見えるので、終点より手前で降りてください。リゾート地からは7ペソ(初乗り料金)で行くことができます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170513153847j:plain
こちらがお店の外観で、緑色の建物です。外観は、少し怪しい気がしますよね。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512222913j:plain
春に行ったのですが、クリスマスのような飾りで迎えてくれます。

お店の中は、カフェのような雰囲気で、かわいらしく作ってあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512223202j:plain

f:id:hitomi-fujinaka:20170512223227j:plain
お店に入ると、韓国人で賑わっていました。というより、私たち以外は韓国人しかいませんでした。

店員さんはフィリピン人もいますが、オーナーは韓国人のご夫婦です。そのため、料理のオーダーは英語と韓国語が可能です。私たちは、もちろん英語で注文しました。

まず最初に頼んだのは、リブポークです。写真がとても美味しそうに見えたので、注文しました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512223350j:plain
見た目通り、とても美味しかったです。付け合わせに、マッシュポテトが付いてきます。
まあまあ大きいので、大人数の際はぜひ注文してみてください。こちらは1500ペソなので、他の料理よりも少し値段がします。
切って欲しいと頼むと、カットして持ってきてくれます。

次に来たのが、チーズピザです。こちらも美味しくて、すぐになくなりました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512223623j:plain
ちなみに、注文してから料理が来るまで、とても早くて満足でした。
ガーリックピザも注文したのですが、写真を録り忘れました。こちらも美味しいと好評でした。

パスタも2種類オーダーしました。
まず1つ目は、トマトとナスのパスタです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512223739j:plain
貝は開いておらず、ただの飾りのようでした。
パンが添えてあるので、最後にトマトソースを付けて食べました。

そして、2つ目のパスタはカルボナーラです。
こちらが絶品で、私のおすすめです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512223813j:plain
カルボナーラというよりはクリーミーでしたが、とっても美味しくて感動でした。最後にパンの上に、ソースとマッシュルームをのせていただきました。
全員一致で、このカルボナーラが1番美味しいと言っていました。

セブ島でイタリアンが食べたくなった際には、ぜひ食べに来てみてくださいね。





f:id:hitomi-fujinaka:20170513161145j:plain
Chef's BISTRO
住所 : Sitio Masiwa, M.L. Quezen National Highway,, Lapu-Lapu City, 6015 Cebu, Philippine
電話番号 : +63 32 494 2475
営業時間 : 10:00~22:00



海を見ながらフィリピン料理を楽しめるレストランLantaw(ランタウ)

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。

Floating native restaurant LANTAW(ランタウ)に行って来ました。海を見ながらフィリピン料理を楽しめる、とても有名なお店です。私もずっと気になっていたので、留学の最終日に行こうと決めていました。
今回はランタウへの行き方と、料理をご紹介します。ランタウは3店舗ありますが、私たちが行ったのはcordova店です。




今回、リゾート地に宿泊しているため、リゾート地からLANTAW cordova店までの行き方をご紹介します。

こちらの地図は、ランタウの場所です。マクタン空港やセブ市内からは、かなり離れた場所にあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512142437j:plain

まず、ランタウまで行くジプニーがありません。そのため、タクシーかトライシクルを使わなければ行けません。
私たちは途中のMARIGONDONまでジプニーに乗り、その後トライシクルに乗りました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512143204j:plain
リゾート地からMarigondonまではジプニーで7ペソ(初乗り料金)で行けます。

こちらがMaridongonの交差点です。トライシクルのおじさんが、すぐに声をかけてきます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512143909j:plain
2人で300ペソと言われましたが、交渉して2人で100ペソで連れて行ってもらいました。ちなみに100ペソだとかなりイヤな顔をされたり、断られたりします。渋滞している時間のため、1人150ペソが相場でしょう。私たちは他の乗客と乗り合いになったため、100ペソでOKしてもらえました。
トライシクルは窓がないため、マスクかタオルを持っていくと良いですよ。

私たちは最初、Marigondonの交差点でタクシーの予定でしたが、ここからだとなかなかつかまりません。すでにお客さんが乗っていることが多いです。
タクシーの場合は、リゾート地からランタウまで直接行くほうが良いです。1番早く着く方法ですが、ランタウまでは遠いため、料金は上乗せされると思います。また、メーターを使ってくださいとお願いしても断られます。

10人以上の大人数で行く場合は、貸し切りジプニーにすると良いですよ。1000~1700ペソくらいで貸し切りにできます。貸し切りにすると帰りも使えるため、往復を考えれば1番安い方法です。

ランタウが近づいてくると、Welcomeというゲートが見えてきます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511233839j:plain
トライシクルやタクシー等の乗り物は、このゲートより先には入れないそうで、ゲート前か駐車場で降ろされます。トライシクルに料金を払い、歩いてゲートの中へ進みます。
ちなみに行きは、全部で57ペソで来ることができました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234004j:plain
左手側には、駐車場とランタウの看板が見えてきます。
ランタウは他にも店舗があります。また、ショッピングモールの中には姉妹店もあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234040j:plain
駐車場からは、ランタウ行きの無料シャトルバスが出ています。足が悪い方や、高齢の方にも優しいサービスです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234118j:plain
少し距離はありますが、歩いて5分ほどなので、私たちは景色を見ながら歩きました。
ちょうど日が沈む時間だったので、普通の道でも綺麗に見えました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234241j:plain
時期にもよりますが、17時くらいに来ると夕焼けを見ることができます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234602j:plain
一本道を奥まで進むと、念願のランタウが見えてきます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234353j:plain
こちらがランタウの入り口です。
ゲートがすでに雰囲気が良くて、テンションが上がります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234440j:plain
ゲートをくぐり、橋を渡るとフローティングレストランがあります。
フローティングレストランと言いますが、実際は浮いているわけでわありませんでした。しっかり支えられているので、揺れたり怖いと思うこともありません。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234519j:plain
夕暮れ時や夜の時間帯は混みあうそうで、その時はこのイスで待つそうです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234637j:plain
私たちは金曜の夕方18時頃に着きましたが、そこまで混んではいませんでした。21時くらいには混んでいて、イスに座りきれないほど人がいました。橋まで人が並んでいた時間もあります。
夕方早めの来店が、混まなくておすすめです。

入り口すぐ横には、雰囲気の良い席もあります。多分、こちらは予約席だと思います。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511234856j:plain

店内の奥にはテーブル席と、ソファ席がありました。席数はかなり多く、100席以上ある大きなレストランです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511235001j:plain
ソファ席は団体予約席で、中国人か韓国人の観光客が座っていることが多いです。ソファ席を予約すると、この観光客の近くになることもあるのでうるさいかもしれません。ただ、夕方過ぎると観光客が帰って静かだったので、夜ならソファ席はおすすめです。

私たちは予約していませんでしたが、海側の景色が綺麗な席をお願いし、座らせてもらいました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511235049j:plain
本当に景色が良くて、それだけで満足でした。レストランに来たのに、ずっと海の写真ばかり撮っていました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511235326j:plain
メニューはフィリピン料理で、かなり充分しています。どれも美味しそうで、色々頼みたくなります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511235718j:plain

マンゴージュースは、ビンで持ってきてくれるので雰囲気がでます。ただし、オーダーしてから持ってきてくれるまでに時間がかかるので、2杯目からがおすすめです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511235825j:plain

私が特に気に入ったのは、ココナッツの殻に入った白いスープです。名前はcordova expressセブ島の地名が入っています。もしかすると、cordova店のみの提供かもしれません。
f:id:hitomi-fujinaka:20170511235846j:plain
写真が暗いのですが、見た目がおしゃれです。
イカやエビなどの海鮮と、パプリカなどの野菜が入った暖かいスープです。クリームではなく、あっさりとしていて少し甘いミルクのようなスープです。見た目も、味も良く、これだけ飲みに行きたいと思うくらい私のお気に入りです。

ホタテの上にチーズをのせて焼いたフィリピン料理です。ちょっとガーリックが強めですが、この組み合わせは間違いないです!!! スカロップ(英語でホタテ)と注文すればOKです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512000202j:plain

そして、フィリピン料理といえば、やっぱりレチョンは外せませんよね。レチョンはセブ島の料理だそうです。マニラやバギオから来るフィリピン人は、必ずレチョンを食べるそうです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512000511j:plain
ここのレチョンは柔らかくて、味付けも美味しいです。レチョンも種類があったので、他のものも試してみたかったです。私たちがオーダーしたのは柔らかいですが、皮がパリパリのKawali lechonもありました。

その他にも、パンシットカントンという、フィリピン風の焼きそばや、シグーという豚肉のそぼろ等のフィリピン料理を注文しました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170512000625j:plain
シグーを注文する際は、ライスも一緒に注文すると良いですよ。ノーマルライスよりも、ガーリックライスのほうが美味しかったです。

他にも食べたい料理はたくさんありましたが、量も多いので食べられませんでした。ランタウは大人数で行くほうが、色々食べられるのでオススメです。
普通に注文すれば、1人400~800ペソ程で食べられます。

観光客が多いですが、私たちの隣はフィリピン人が2組いたので、地元でも人気のお店のようです。フィリピン人はとてもフレンドリーで、話しかけてきます。
20代の女の子2人組で、ハロハロだけを食べに来たそうです。私たちは食べるのを忘れましたが、ハロハロも美味しいみたいです。2人とも少し食べて、お持ち帰りにしていました。グラスに入ったハロハロのテイクアウトって、どう持ち帰るのか気になりましたが、店員さんが袋に詰め替えて持ってきました。
日本では見ることができない光景で、とても面白い体験ができました。フィリピン人の女の子と一緒に写真をとったり、facebookを交換したりしました。

ぜひ、セブ島へ来た際にはLANTAWへ行ってみてくださいね。


f:id:hitomi-fujinaka:20170512140110j:plain
LANTAW Floating native restaurant

住所 : Day-as Cordova Mactan, Cebu, Philippines
電話番号 : +63 32 514 2959
営業時間 : 午前10時~夜12時