読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOEIC200点の女が海外ひとり旅した結果

とりあえず何とかなる。やってみる。

ジンベイザメ+ツマログの滝ツアーinオスロブ

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です


セブシティの学校に通って英語を勉強しています。学校は平日のみのため、土日はビーチや島へ行ったりしています。

今回はセブ島に来たら必ず行っておきたいアクティビティーWheel shark watching (ジンベイザメ)Tumalog falls (ツマログの滝)ツアーを紹介します。
セブからオスロブまで自力で行く方法もありますが、ほとんど値段が変わらないのでツアーがおすすめです。ツアー予約方法から、お得な情報、ジンベイザメ ウォッチングの様子をご紹介します。




ツアー予約方法

まずはツアーを予約しましょう。予約は現地予約で、私が使った2パターンをご紹介します。

【お得な情報①】
日本から予約する方法もありますが、現地と比較するとおよそ2~3倍高い値段になります。現地にも日本語で予約できる会社があるので、そちらを使うほうが安く申し込みできます。


1. 現地のツアー代理店に直接予約
SMモールや、アヤラモールなどのショッピングモール内にツアー代理店が入っています。日本でいうH.I.SやJTBのような会社です。
ここで直接申し込みができます。日本語OKの代理店もありますが、英語のほうがスムーズです。
f:id:hitomi-fujinaka:20170420103527j:plain
【お得な情報②】
代理店でディスカウントしてくださいとお願いしてみましょう!!!日本ではパックツアーの値引きはほとんど出来ませんし、言ったことないですよね? フィリピンではそれが出来ます!!!
私も、知り合いのお兄さんが値引きしてと頼んだ時には驚きました。しかし店員さんは普通に「この値段はどう?」と電卓で値引きした値段を見せてくれます。ぜひ言ってみましょう。


2. メールや電話で予約
英語が話せない私は、よくメールを使って予約します。代理店へ行くまでの交通費も浮くし、何かトラブルがあってもメールに残っていれば対処ができます。
デメリットとしてはwi-fisimカード等のネットワーク環境が必要なこと。いつ返信が返ってくるかわからないため、前日や直前は申し込みが間に合わないこともあります。
私はいつも同じ文章を、3社くらいに送って値段比較してから予約しています。代理店に3社も行くと時間もかかるので、値段比較するならメールがおすすめです。

【お得な情報③】
ツアー予約の際人数が多いと値引きしてくれます。ほとんどの会社が10人以上でディスカウントしてくれます。出来れば10人集めて、メールで人数を伝えましょう。
また、1人増える毎に交渉しても値引きしてくれます。

予約時に必要なこと

会社によりますが、代理店の予約時にメンバーの名前(パスポートと同じ名前)が必要でした。
また、基本的には前払いのためツアー代金も必要です。
メールで予約したときは、前日にデポジット(ツアー代金の半額)を支払いました。学校までバイクで取りに来てくれます。※領収証をくれるので、忘れずに受けとりましょう。

予約が出来たら、いよいよジンベイザメツアーへ出発です!




ツアー出発

朝、ピックアップ場所までバスかバンが来てくれます。私たちはお兄さんがバスを予約してくれたので、観光バスを10人でゆったり使いました。セブシティからオスロブまでは約3時間くらいです。
道が悪く、かなり揺れるので酔いやすい人は薬を飲んでいくのがおすすめです。

【お得な情報⑤】
セブシティからオスロブまでの間に、ジョリビーマクドナルドもあります。ドライバーにお願いしておくと途中で寄ってくれますよ。ただし、オスロブ付近にはお店がないので、最初に言わなければ寄るのは難しいです。

Wheel Shark Watching

到着すると、まずは説明を聞きます。 全て英語で説明されますが、日本語の説明文を手渡されます。また、絵や写真で注意事項も書いてあります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170423101241j:plain
特に注意することは故意にジンベイザメに触ると罰金ということです。罰金の金額は3000Php(およそ6500円)です。ジンベイザメから触れてきた(当たった)場合は罰金はありません。
それから、日焼け止めも禁止なので塗らないようにしましょう。

普通に泳いだり写真を撮ったりしていれば、罰金にはなりません。楽しんでジンベイザメと泳ぎましょう。

説明を聞いたらライフジャケットを渡されます。それを着て船に乗ります。
船は小さくて、10人が乗れるくらいです。天候によっては、かなり揺れるので酔い止めを飲んでから乗る人もいます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170413153618j:plain
現地のおじさんが船からエサをまいて、ジンベイザメを誘き寄せています。

ジンベイザメがいるスポットまで行くと、すぐに海に入れと言われます。
【お得な情報⑥】
説明ではライフジャケット着用と書いてありますが、ガイドさんからも現地のおじさんからも脱いでいいと言われます!
泳げる方は、ライフジャケットを脱いで潜ってみてください。潜ったほうが、ジンベイザメとのいい写真がとれますよ。

最初はサメなので少し怖いですが、ジンベイザメの顔をよく見るとかわいいです!
f:id:hitomi-fujinaka:20170413121447j:plain
おじさんがエサで誘導しているので、食べられたりすることもありません。
30分ほど一緒に泳いだら、船で戻ります。

船の上から監視員が見ていて、ジンベイザメに触れて実際に罰金になった人もいます。沖に戻ると罰金を告げられます。絶対に自分からは触らないようにしましょう。

【お得な情報④】
お得なのかわかりませんが。笑
もし! 万が一! 罰金になってしまった場合。触ってない、ジンベイザメから触れてきたと言いましょう。罰金を免れるのは難しいと思いますが、減額してくれることがあります。
あるいは3000Php持っていないと言って、値引き交渉してみましょう。知り合いは2500Phpになりました。



ジンベイザメと泳いだ後は、BBQランチがツアーについています。ドリンクも1杯無料でした。※申し込みツアーによって異なります

少し時間をくれたので、ビーチや地元の人がやっているお土産屋さんを見たりしました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170423103629j:plain
お土産は少し高い気がしましたが、値段交渉にも対応してくれます。T-シャツやカバン、ご飯などが売っていました。

Tumalog falls

再度バスに乗って、ツマログの滝へ行きます。
f:id:hitomi-fujinaka:20170413121403j:plain
滝の看板近くにバスを停めて、滝まではバイクで行きます。細い坂道をバイクの後ろに乗って走ります。ツアーによってはバイク料金が含まれていないことがあるので確認しておきましょう。バイクは往復で50Phpです。歩いても行けますが、かなり坂道が厳しいです!素直にバイクに乗ることをおすすめします。
私はかなり怖くて「速い!速い!」と叫びたかったのですが「Fast! Fast!」と叫んで誰よりも早く滝に到着しました。これ「速く!速く!」て意味だったんですね。勉強になりました。笑

さて、ツマログの滝の前にキレイな池?がありました。水の色が本当にキレイで絵になります。
f:id:hitomi-fujinaka:20170413121319j:plain
奥へ進むとツマログの滝が見えてきます。


f:id:hitomi-fujinaka:20170423104241j:plain

f:id:hitomi-fujinaka:20170423104302j:plain

写真で伝わらないかもしれませんが、本当にキレイです!ツマログの滝では、みんな泳いでいました。水がかなり冷たいですが、泳ぐと気持ちいいし楽しいです。
外人が多く、テンションが上がってカナダ人と話して写真をとりました。寒くて長居は出来ませんが、20分ほど遊びました。

滝から、またバイクで戻ります。帰りは叫ばず乗りました。
バイクを降りると、焼きバナナやココナッツを売っていました。
f:id:hitomi-fujinaka:20170413121503j:plain
ココナッツジュースは注文してから切って、ストローをさしてくれます。見ているだけでも楽しめます。
【お得な情報⑦】
お土産やご飯が至るところに売っているので、お金を少し持っていくといいでしょう。持っていく際は、ジップロックに入れて持っていくのがおすすめです。


帰りはまたバスに乗り、3時間ほどでセブシティへ帰ってきます。帰りは夕方のため、渋滞に巻き込まれることが多いです。
みんな泳いではしゃいで帰りは、ぐったりして寝ています。

ジンベイザメとツマログの滝ツアーはとにかく楽しいです! セブ島に来たらぜひ体験してみてくださいね。



セブ島留学へ出発してから1週間の英語レベル

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。


セブ島の語学学校へ出発しました。
TOEIC200点で旅立ちましたが、学校の生活はどうなのか、生活していけるのかなど、記録しておこうかと思います。
きっと同じ状況の人もいるはず!!!

f:id:hitomi-fujinaka:20170408091957j:plain

出発日

出発前にスーツケースのベルトの番号がわからなくなり、開けられなくなりました。私のようにならないよう、前日には確認するように気を付けてくださいね。

LCCの預け入れ荷物は20kgまでですが、20.3kgでも超過料金なしで受け取ってもらえました。そのくらいの超過なら大丈夫そうです。

ひとりで旅立つのは始めてで、空港は不安だらけでしたが、なんとか出国審査をスルーして飛行機に乗れました!

LCCなので座席わ狭かったですが、数時間なら問題ないくらいでした。

途中でCAさんが笑いながらアナウンスしていてRed ballpenという単語だけ聞き取れました。が、何のことか全くわからず終わりました。英語勉強したら、いつか英語のアナウンスもわかる日がくるのかな?




初日(レベル分けテスト)

初日は英語のテストがありました。Speaking, Listening, Writingのテストで、TOEICの問題のような内容でした。

まずSpeakingでは自分のことについて聞かれました。

  • What is your name?
  • Where are you from?
  • What do you do in Japan?

さすがに名前、出身は言えました。しかしwhat do you do?を勘違いしていて答えられず。日本での仕事は何をしているか聞いてたんですね。知らなかったです。
また、他にも質問されましたが聞き取れずに終わりました。とにかくリスニングが出来ず、問題文がわからず何も言えませんでした。

そして結果は当然のレベル1です。初級です。


授業初日

マンツーマンクラスはすごく狭い個室で行います。机1つとイスが2つあるだけの部屋で、先生と対面して座ります。
まずは自己紹介から始めます。どの先生もフィリピン人で、明るくいい人ばかりです。私の場合、英語が聞き取れず何回もone moreと言って説明してもらいました。それでも全く嫌な顔せず教えてくれます。

グループクラスは4~5人の生徒と先生が1人です。
ほとんどの生徒が日本人です。他の国の人たちは、中級の人が多いです。自分のレベルが初級の人は、学校選びの際に国籍を考える必要はないと思いました。中級の人は日本人ばかりの学校よりも、多国籍を選ぶほうが勉強になると思います。
セブの学校の選び方も参考にしてください。


1週間経過

正直な感想としては、疲れたです。
英語の授業を毎日50分 × 7時間受けました。高校の授業を朝から全て英語で受けるようなものです。説明も英語なので余計に混乱します。

しかし、リスニングが少しずつできてきました。耳が慣れてきて、初日に比べると先生が言っていることがわかってきました。まだ1週間ですが、学校に通った成果はでてると思います。

1ヶ月(4週間)通って英語レベルがどこまで上がるのか、次回書いていきます。



ワーホリに持っていった服(オーストラリア編)

ワーキングホリデーに持っていった服まとめ(オーストラリア編)

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。



オーストラリアのワーキングホリデーに持っていった服をご紹介します。ご紹介するのは、Lサイズのキャリーバッグで持っていった量です。この量でオーストラリアの1年間を過ごしました。




アウター

  • ジャケット ×2
  • 薄手のジャケット ×1

トップス

  • 半袖T-シャツ ×8
  • 長袖T-シャツ ×5
  • シャツ ×1
  • カーディガン・パーカー(羽織り) ×3
  • ニット ×2

パンツ

  • Gパン ×3
  • ショートパンツ ×3
  • スキニー ×2

ワンピース

  • ワンピース ×2
  • ドレス ×1
  • オールインワン ×1

インナー

シューズ

  • サンダル ×1
  • パンプス ×2
  • スニーカー ×1
  • ビーチサンダル ×1

その他

  • 水着
  • 寝巻き用T-シャツ ×3
  • 寝巻き用ズボン ×3
  • スーツ(上下) ×1



ワーホリ・留学の前に必要な資金(渡航前)

ワーキングホリデー・留学前に日本で支払った金額

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です


今回は、タイトル通り。
ワーホリと留学前にいくら必要なのか?
私が実際に支払った金額を、ご紹介します。


f:id:hitomi-fujinaka:20170320181325j:plain




フィリピン留学の費用

〈3D ACADEMY〉

期間 : 1ヶ月(4週間)
部屋 : 3人部屋
コース : ESL(マンツーマン4h + グループ3h)

入学金 : ¥15,000
授業料 : ¥129,000
(エージェント割引 : -¥14,000)

合計 : 130,000

〈BLUE OCEAN〉

期間 : 1ヶ月
部屋 : 3人部屋
コース : General ESL(マンツーマン5h + グループ2h)

入学金 : ¥15,000
授業料 : ¥164,000
海外送金手数料 : ¥2,500

(エージェント割引 : -¥22,000 )

合計 : ¥159,500






オーストラリア ワーキングホリデーの費用

〈ACSESS LANGUAGE〉

期間 : 2ヶ月
ステイタイプ : ホステル(寮)
コース :
グループ授業4h

入学金 : $220
授業料 : $350/週 ※1週無料キャンペーン
教材費 : $70
空港送迎費 : $110
寮手配 : $200
ルーム料 : $230/週 ※1ヶ月分

合計 : $3930 ≒ ¥386,436


こちらが実際に支払った金額です。
金額だけ見ると、セブ島とオーストラリアの差がそんなにありません。しかし、オーストラリアは4時間ほどで、全てグループ授業です。
やっぱりセブ島留学がかなり安くて、学校のクオリティーも高くておすすめです。

ひとり海外へ行くと言ったときのみんなの反応

お久しぶりです
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です



最近、親戚や友達、バイト仲間
いろんな人にワーキングホリデーに行ってくる!と挨拶してまわっていました。
色々な言葉をいただいたので、ぜひワーキングホリデーにいく方にも、それを聞いた方にも見ていただければと思います。




友達の反応は、海外いいな~!
イケメン彼氏できたら報告してよ!
と明るく見送ってくれました。

ありがとう友よ!笑




親や親戚からわ気をつけてね!と心配してもらえて、改めて家族の暖かみを感じられました。







しかし、暖かい言葉だけではないのが現実。
バイト先の同僚や、バーのお客さん、小料理屋のお客さん、女将さんからは冷たい言葉もいただきました。

知り合いが行ってるよ、という情報もいただくのですが、詳細は知らないみたいです。私が行った後もきっと「知り合いが行ってるよ」の内の1人になるのでしょうね。
紹介していただけるわけでも、話が膨らむわけでもなく残念です。



英語できるの?とも、よく聞かれます。
出来ないから勉強しに行くんですよ。



また、ワーキングホリデーに対して否定的な言葉も多いです。

特に、短期留学経験者からは、ワーホリは遊びで英語の勉強ができない。と言われることが多く、短期留学をすすめられます。


前向きに決めたことに対して、否定的なことを言われると、悲しいし苛立ちも感じますよね。





社長や医者のおじさんのお客様からは、アメリカのほうがいいよ!とすすめられます。
残念ながらアメリカはワーキングホリデー制度がなく、渡米するには学生ビザで行くしかありません。それには、約300万円ほど費用が必要になってきます。行けるのであれば、行きたいですよね。



確かに、短期留学経験者や人生の先輩方の言うことも間違っていないと思います。

しかし、私には留学の費用を工面することが難しいし、頼る先もありません。行ける手段がワーキングホリデーしかないのです。


人の意見を聞くことは大事なことだけれど、否定はやめてください。

ワーキングホリデーに行く皆さん、自分の行きたいところに行って、自分だけの経験を作りましょう!!!


ワーキングホリデーに行くと聞いた人は、応援してあげてください!!!
20代で海外にひとりで行くことって、勇気がいることなんです。自分自身も不安でいっぱいです。
否定せず、優しく応援してあげてください。
応援してくれる方には、きっとお土産買ってきてくれますよ笑

フィリピン語学学校の選び方

フィリピン語学学校の選び方


こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です。



前回、ワーキングホリデーの留学エージェント比較について書きました。
今回はフィリピンの語学学校の選び方をご紹介します。

もちろん、エージェントに紹介してもらうのも手です。しかし、いきなりどこの学校がオススメですか?と聞くのはやめたほうがいいでしょう。
なぜなら、エージェントは自分に紹介料が入る学校ばかり勧めてきて、本当に自分の希望に合う学校ではないことが多いです。せっかくの語学留学、学校選びで失敗しないためにも、まずは自分の希望を明確にしてみましょう。






フィリピンの語学学校の特徴

まず、なんでフィリピン?と思っている方もいると思います。
フィリピンの語学学校は、なんといっても価格が安い!
他の国と比較すると、桁違いで安いです。

しかもマンツーマンで教えてくれるので、発言出来ない日本人にわぴったりなんです。

さらに
●1日3食付き
●学校内に寮がある
●友達ができる
●観光ができる

といったメリットもあります!

私も実際にフィリピンの語学学校に通いましたが、1週間ほどで自分の英語力が伸びたと実感できました。





どうやって語学学校を選べばいいの?

本題です。フィリピンの語学学校ですが、近年かなりの学校が増えてきています。その中から、自分の希望に合う学校の選び方を、ご紹介します。




- 島で選ぶ

フィリピンというのは、首都のマニラ、リゾート地で有名なセブ島など、色々な島によって成り立っています。まずは行きたい島で選びましょう。

●マニラ
フィリピンの首都。大都市

●セブ
1番人気の都市です。セブ市内かリゾート地か。

●イロイロ

●バギオ



- 日常生活も英語を話したい?

授業以外の休み時間や、食事中なども英語を話しましょう。学校の中では日本語禁止!という語学学校があります。
こういった学校をスパルタ校と呼んでいます。エージェントからは、よくスパルタ校を勧められます。
エージェントから日常生活も英語を話したい?と聞かれると、つい話したい!!!と思います。が、実際のところ朝8時~夕方5時まで授業で、英語に疲れてストレスになってしまいます。
逆に中級、上級の方は、もっと話したい!と物足りなくなってくるので、スパルタのほうが合っているかもしれません。
自分の性格がどちらに合うか、考えて選択しましょう。




- 食事で選ぶ

ほとんどの学校は1日3食が付いています。しかし、学校によって美味しいか不味いか、差があります。この差は、日本人の口に合うように作っているかです。
実は、フィリピンの学校には2種類あります。日本資本か、韓国資本かです。日本人が経営していれば、日本人が多いため、日本人好みの味にしています。韓国資本の学校は、韓国人が多いため韓国料理が出たりして日本人の口に合わないこともあります。しかし、韓国資本の学校にもメリットがあります。それは、価格が安いんです!
辛いものが苦手な方は、日本人経営がオススメです。


- 何人部屋が良いか?

学校にもよりますが、1人部屋、3人部屋、4人部屋などが選択できます。部屋の人数によって、価格が異なります。それぞれメリット、デメリットがあります。

1人部屋
●メリット

  • ホテルやコンドミニアムに宿泊できるため、部屋が綺麗
  • 静かに勉強できる
  • プライバシーが守れる
  • 門限がなく、自分の時間を自由に使える

●デメリット

  • 学校まで徒歩かバスで移動する
  • 空き時間に部屋に戻れない
  • wi-fiがないことや弱いことがある

3~4人部屋
●メリット

  • 友達が作りやすい
  • 学校に併設されているため、すぐに授業へ行ける
  • 生活用品を共同で使えたり、費用を抑えられる

●デメリット

  • シャワーやトイレ等、順番待ちをしなければいけない
  • 盗難の恐れがある
  • 門限や消灯時間がある

自分にはどちらが合っていそうか、考えてみてくださいね。



最後に、私は以下の口コミも参考にしました。
●school with
●フィリピン英語語学留学
●セブナビドットコム
●CEBU21




いかがでしたか?
フィリピンの語学学校はたくさんあります。その中で自分の希望に合う学校を見つけてくださいね。

学校が決まったら、出発の準備ですね。こちらも参考にどうぞ。

正直な気持ち

今日はちょっと本音を書いてみます。

正直なところ、全く英語力がない状態で海外に住むのは、不安です。

昨日も寝れなかったり、変な夢をみたりもしました。
空港で何聞かれるかな?とか、自分で部屋探しできるかな?とか、現地で仕事見つかるかな?とか。

不安なことだらけです。


だからといって、このまま日本にいたくない、挑戦したいという気持ちもあります。
やると決めたことなので、海外行きますが、なんだか弱気になってしまいました。

同じ境遇の方も多分いると思います。
励まし合えたらいいな。


今できることを、とりあえずやってみます!